NISA預かりとは

NISA預かりとは

NISAニーサ)預かりって何?

新しい投資について

最近は不景気のせいもあり、銀行の預金金利も低くなっています。
ですので、銀行に預けていてもあまりいい利息にはなりません。
ですので、タンス預金や投資に変更する人も増えています。
しかし投資をするにも、その種類も多いので選択に迷う人も多い事でしょう。
また当然投資額にも限度がありますので、その限度額いっぱいで利用する事になります。
この投資として、現在多くの方が利用しているのがNISAです。
このNISA(少額投資非課税制度)は、2014年の1月から始まりました。新しい非課税制度になります。
また年間100万円までの投資によって生じる譲渡益、また配当については5年間非課税扱いになります。
要するに、投資金額100万円分までの配当金などは非課税として処理されます。
2013年は10.147%の税率でしたが、2014年からは通常の20.315%の税率に変更されました。
この制度は2014年からスタートし、2023年までの10年間の間、毎年新規に100万円の非課税枠が追加されていきます。
またこの非課税の期間は、最大で5年間です。
また投資の途中で売却した場合は、その非課税枠を使用したとみなされ、再び使用できなくなります。
そして、この非課税枠を使用しての投資総額は、総計500万円までになっています。
ですので、それ超える額は課税の対象となります。
このNISAの口座資格者は20歳以上の方です。

選択肢に入れる

現在投資を考えているのであれば、このNISAも選択肢のなかに入れてみるのもいいでしょう。
そしてこのNISAの口座のなかに、NISA預かりとう制度があります。
このNISA預かりという制度は、どのようなものなのでしょうか。
NISA預かりというのは、NISAの口座のなかに、未使用の非課税枠がある場合、NISA口座を優先して利用する申し込み方法の事です。
この制度は、約定金額がその年の非課税枠を超えた時、その超えた分については、一般口座や特定口座での受入れになります。
そして国内投信においてNISA預りを選択した場合、100万円を超える注文は次のようになります。
100万円以内はNISA口座での買付になり、100万円を超える分は、自動的に一般口座や特定口座での買付になってきます。
このように、NISA,というのはとても簡単な投資です。
このNISAは、投資信託口座を使用して投資を行います。
またその時、分配金や譲渡益は20%の課税になります。
しかしNISA専用の非課税口座があれば、非課税になります。
これが大きな魅力ではないでしょうか。
投資にもさまざまな種類があります。
ですので、自分に合ったものを選択する必要があります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「NISA預かりとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ