フレーム処理とは

フレーム処理とは

フレーム処理って何?

システムの利用

プラスチック製品は、私たちの生活にとても密着したものとなっています。
このプラスチック製品というのは、スチレンやエチレン、またプロピレンなど、石油を原料として作られています。
最終的には、ポリマーに酸化防止剤などの添加剤を加えて、加や加圧をして成形されます。
そしてこれらプラスチック基材と関連しているのが、フレーム処理です、
フレーム処理というのは、プラスチック基材やPVC、またTPOやTPUなどの接着性を改善してきます。
これにより、以前のプライマー処理を施す事なく接着性を向上させる事が可能です。
このような表面処理システムのことを指します。
この処理を施す事によって、密着性や接着性を向上していきます。
また密着性が向上する事で、不良率の低下も実現されます。
そりにより、素材やインク、また塗料などのグレードを下げられます。
ですので、総合的に購入コストが低減していきます。
このフレーム処理は自動車のバンパー、また接着が難しい素材の表面処理も可能にしています。
それにより、生産コストの低下が実現しています。

コストダウンを図る

このフレーム処理については、特にプラスチック表面の前処理としてよく行なわれています。
そして、塗工や印刷、またラミネートや塗装、発泡や接着が可能になります。
この処理は、プラスチック表面上にある分子結合を、フレーム処理によって破壊します。
そしてフレームに存在している、酸素の一部分を分子結合して埋め込んでいきます。
そうする事によって、プラスチックの表面上に極性基が形成され、その結果インクや塗料、またプライマーと結合できます。
この処理を行ったからといって、表面上の光学性や機械的特性に変化がありません。
これらのシステムは、自動車鈑金塗装でも応用されています。
自動車鈑金塗装においては、下地処理作業として行われています。
その仕上がりは、全体の結果に大きく作用してきます。
とても重要な工程なので、作業も慎重に行われる必要があります。
しかしそれだけ重要な工程であるので、作業時間も長くなります。
また当然労力も必要です。
そしてパネル裏などの作業には、危険も伴います。
ですので、安全性が優先されます。
この自動車鈑金塗装における下地処理作業が可能になれば、コストや安全面に対しての心配も必要なくなります。
ですので、今後に大きな期待が持てます。
このようなシステムを有効的に使用して、コストダウンを図るのもいいと思います。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「フレーム処理とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ