バイイングパワーとは

バイイングパワーとは

バイイングパワーって何?

利益を追求していきます

現在商売を行っている人も多い事でしょう。
この商売というのは、とても大変です。
というのも、商売をするからには利益をあげる必要があるからです。
赤字に転落すると、経営維持も難しくなります。
ですので、経営者の方はさまざまな戦略を行っているのです。
この経営戦略のなかに、バイイングパワーという言葉があります。
この言葉は商業用語の一つになります。
これはチェーン店経営を行っている、大規模小売店の大きな販売力やその大きな購買力の事を言います。
要するに流通業界において、小売店の持っている卸売業者への購買力、また卸売業者に対しての優位性を言います。
このバイイングパワーが大きくなれば、小売店の経営力も安定していきます。
またそれにより、消費者に対しても信頼できる商品を提供できるようになります。
その結果も市場も安定し、流通もスムーズに展開していく事になってきます。
しかし経営者のなかには、その優越的な購買力を悪用して、納入業者へ不利益な取引条件を強制する行為も増えています。
例えば協賛金やリベートの要求、また不当値引きを強要、そして派遣店員の要請や返品を強要する行為です。
小売業のこれらの行為は、独占禁止法のなかの優越的地位の濫用に該当します。
そこで、不公正な取引方法によっても規制が行われています。

競争力の原点に

このバイイングパワーを利用した行為は、大規模な納入業者ではあまり起こっていません。
しかし伝統的な小売業者、また全国展開をしているチェーン店などに多くみられます。
また納入業者の商品に、強い競争力がない時も引き起こされます。
しかし、このようバイイングパワーを利用する小売業者は限定されます。
ですので、仕入れ規模を拡張したり、また同業の小売業者と連携する事によって回避可能になります。
例えば、スーパーマーケットやショッピングセンター、またコンビニエンスストアなどは全国展開を行っています。
ですので、販売力も強力なものになります。
そしてその強力的な販売力によって、複数のメーカーから大量の商品を仕入れる事になります。
このような強力的な販売力を持った大量仕入れが、小売業者のバイイングパワーにあたります。
このような大量仕入れや大量販売により、メーカーに対しての価格交渉も有利になります。
またその結果、仕入れ価格を安く抑えられます。
このようにこのパワーというのは、小売業者にとって競争力の原点になってくるのです。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「バイイングパワーとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ