戦略とは

戦略とは

戦略って何?

どのような場面で使用するのか

戦略とは、戦う時に策を練り、勝利に導くための計略とも言えます。
戦いは、その名の通り古代から世界中で繰り返されてきた戦争がありますが、それ以外にも戦いの場は数知れずあります。
ビジネスや教育の分野でも戦略を練ることで勝利を手にすることができるので、戦略とは社会生活でも頻繁に用いられることでもあります。
経営での戦い方、、事業を成功させるための戦い方としてビジネスシーンで使用される言葉から、明確な敵がいるわけではなくてもこの言葉を用いて表現することがあります。
これは、本来の意味とは違っているようですが、最終的に成功することが勝利というカタチになるという意味で使用されているのです。

戦術と違いとは

戦略と戦術は同じ意味を持つ言葉として使われることがあります。
しかしまったく同じ意味というわけではありませんので、使い分けることでより的確な表現ができます。
戦術との違いを戦争の場面に置き換えると、将軍や総司令官など、トップに立つ人が目標として立てるのが戦略。
そして、そこに属する部隊、また一人の兵士が勝利のために使うのが戦術ということです。
戦勝利に向けてあらゆる角度から策を練ることです。
長期的であり、規模も大きく、戦いの全貌を見据えることが必要になります。
一方の戦術は、ひとつひとつの戦いの場で勝利していくための策略や技術です。
戦術を練り、勝利を積み重ねていくことで戦いの大きな勝利に繋がっていくのです。
ビジネスの場で使われる時は、一つのプロジェクトを成功させるためが戦術。
その勝利によって、企業にメリットが生まれるように導くのが戦略と言えるのではないでしょうか。

個人レベルの戦略とは

スケールの大きな勝利を目的として使われる言葉なので、個人には無関係のもののように感じてしまいますが、戦略を立てることは個人にも必要なことです。
例えば、学生時代から一つのステップ(試験)に戦術を持って向き合いながら、自ら立てた目標に向かって進んでいくと考えれば、必ずも敵と戦うことに対しての策だけに限定されるものではないのです。
様々な場面で使われるものですが、その意味には向かう勝利によって大きな違いがあるものです。
確実に目標に近づくためには、個人レベルでも戦略を持つということは大切なことと言えるのではないでしょうか。
著名人になる人は、自分の夢や目標のためのビジョンを明確に持っていたと見聞きすることがあります。
これは人生を勝利に導く時にも用いられる言葉とも言えるのです。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「戦略とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ