日本のグローバル化とは

日本のグローバル化とは

日本のグローバル化って何?

グローバル化の流れについて

最近グローバル化が叫ばれています。
今までに存在した国家や地域などでは超える事のできない、タテ割りの境界がありました。
グローバル化というのはこれらの垣根を越え、地球を1つの単位とする過程の事をいいます。
この時使うグローブ(globe)というのは、球体とした見た地球の事を表します。
この言葉は1970年代に、地球環境の保護が叫ばれるようになった事がきっかけで誕生しました。
また戦争の時代には、世界人類的視点から見たものを表していました。
この場合は、世界平和を表しています、
その後、国家的視点だけでなく、全人類の視点からの論争に変わってきました。
要するに地球環境破壊、また戦争や貧困問題の改善に取り組むものに変化してきました。
そして1990年代には、経済的視点からの論争が出てきました。
世界的な金融自由化、また情報通信システムの統合などにより、巨大企業が世界を支配するようになってきました。
また政府においては資本力の弱体化により、経済的資本の統治能力が低下してきました。
その結果世界各国の経済破綻により、それが世界同時不況につながる結果になりました。
また国民経済も低下し、倒産や失業が増えてきました。
このような問題は、米国の経済的優位が原因となる場合もあります。
そのなかにおいてこの問題は、さらに貧富の差を拡大していき、また環境や文化をも破壊していく事になります。
このようにグローバル化の考えも大きく変化してきています。
そのなかにおいて、日本のグローバル化はどうあるべきかを考えていく必要があります。

日本的視点見て見解について

世界各国が一丸となって取り組む姿勢は、とても大切な事です。
ですので、日本もその世界の枠に溶け込んでいく必要があります。
ここに、日本のグローバル化問題が起こってきます。
急速に進むグローバル化に対応するために、日本もそれに対応していく必要があります。
世界各国との外的方向と、日本内部の内的方向それぞれの対応が求められてきます。
日本人というのも、相互扶助の精神はとても優れています。
しかし世界が舞台になると、言葉の違いやマネジメント問題が原因となって、存分に力を発揮できないケースがよくあります。
ですので、まず内側から改善していく必要があります。
この内側が改善されれば、自然と外側にも対応できるようになります。
内的、外的両方がうまくいけば、日本のグローバル化もうまくいくのではないでしょうか。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「日本のグローバル化とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ