デフォルト表領域とは

デフォルト表領域とは

デフォルト表領域って何?

コンピューターを扱う方も増えてきました

最近はネットも普及してきましたので、コンピューターを扱う方も多くなってきています。
また会社はもちろんの事、自宅でもこのコンピューターを使う機会も多くなってきています。
それだけ身近な物になってきていると言う事になります。
そしてこのコンピューターを使って仕事をしている方のなかには、ゲームなどを作っている方も多くなってきています。
このコンピューターを扱う時はプログラミングの知識が求められます。
実際にブログラマーとして活躍している方も多い事でしょう。
そしてこのコンピューターにはさまざまな専門用語が存在しています。
それゆえ素人の方はこの専門用語を聞いてもその意味が分からない事があります。
これはどの世界でも共通した事象になってきます。
ですのでその場合は一からマスターしていく必要があるのです。
例えばコンピューター関係のなかの用語としてデフォルト表領域と言うものがあります。
日本にはこのような和製英語が結構多くなっているみたいですね。
外国の方が聞くとその意味が分からない事も多いと思います。
それゆえその言葉の意味をよく理解する必要が出てくるのです。

表領域の問題について

このデフォルト表領域ですがこれも専門用語になってきます。
これはコンピューターを扱うユーザーたちが、例えば表と言ったあるオブジェクトを作成する時の表領域についての省略時解釈値になります。
要するにCFREATE TABLE文を実行する時に,その表をどの表領域に格納するのかを事前に明示していない時に適用される領域になってきます。
またこの時一時的に利用される一時表領域がTEMPになってきます。
この一時表領域と言うのは、ソート処理ができない時に一時的な格納される領域になってきます。
コンピューターのユーザー達がこの一時表領域に割り当てる事ができるサイズは無制限になります。
しかし既述のデフォルト表領域になってくるとまた違ってきます。
一時表領域以外では、事前に指定しないと割り当てできるサイズはゼロになってくるのです。
それゆえこのデフォルト表領域については,他の割り当ての設定が必要になってきます。
このデフォルト表領域と言うのは、格納先の表領域を事前に明示していない時に一時的に格納される領域になってきます。
ですので ユーザーたちにこの表領域の指定がない時は、データベースにおける表領域に格納される事になってきます。
このようにコンピューターと言うのはいろいろと複雑な機能を持っています。
ですのでよく理解しておく必要があるのです。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「デフォルト表領域とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ