組織マネジメントとは

組織マネジメントとは

組織マネジメントって何?

組織の役割

私たちは毎日、会社という組織で働いています。
この組織というのは、会社の規模によりその大きさも変わってきます。
組織が大きくなれば、それを統一するのも困難をきわめます。
しかし、組織がバラバラになれば、会社の将来にも影響してきます。
ですので、組織をまとめる力が求められます。
この組織については、組織マネジメントという言葉があります。
組織マネジメントというのはその言葉通り、組織をうまく扱う事、また組織をスムーズに運営する事です。
組織というのは、二人以上の人間が集まって行動するものです。
この場合、それぞれが同じ目的を持っています。
しかし、その組織をスムーズに運営したり、またうまく扱うのはとても大変な事です。
そのような運営をするには、いろいろなノウハウ、また知識が必要です。
この組織マネジメントを考慮する時、とても便利なものが、マッキンゼー社が提供した「組織の7S」です。
この組織の7Sは、組織をスムーズに動かす7つの経営資源の頭文字です。
この7Sを理解する事で、組織マネジメントにも大きな影響を与えていきます。

組織のノウハウを学ぶ

この組織の7Sとはどういうものなのでしょうか。
この経営資源とは具体的に、次のものになります。
戦略(Strategy)」、「組織(Structure)」、「システム(System)」、「スキル(Skill)」、「人材(Staff)」、「スタイル(Style)」、「価値観(Shared Value)」です。
優良な企業は、この7つの要素をそれぞれ補完し合い、同時に強めながら戦略の実行を行っています。
企業における戦略が、組織やシステムの構築に大きく関わってきます。
またそれらが補完しあって、企業の価値観を生み出していきます。
そして必要なスキルや人材を決定し、組織固有の文化スタイルを形成していきます。
そしてその人材やスキルによって、企業の新しい戦略が生まれるのです。
これら7つの経営資源は、お互いが相互に補完する事で、大きな影響を与えていきます。
そしてその時の中心になるのが、価値観です。
この価値観は、組織全体の存在意義を支えていきます。
この価値観は、組織のマネジメントにも多大な影響を与えます。
また意思決定の行動や方向にも大きく影響を及ぼします。
これら経営資源は、組織全体の事を考えると、とても重要なものになります。
組織マネジメントを実行するには、事前に多くの要素を学んでおく必要があります。
企業全体の事をいつも把握しておく必要があるのです。
また組織をスムーズに運営するには、日頃の努力も必要です。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「組織マネジメントとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ