LEAD TIME(リードタイム)とは

LEAD TIME(リードタイム)とは

LEAD TIME(リードタイム)って何?

生産工程の基準とは

例えばある物を生産する時、その物が完成するまでさまざまな工程を通る事になります。
この工程全てが終わるまでそれなりの時間を要する事になってきます。
またその生産する物によっても変わってくる事になります。
しかしどのように物であってもその生産工程にかかる時間が長くなってくると、生産効率も悪くなってきます。
生産効率が悪くなってくると物自体も売れなくなってくる事があります。
そしてその後の発注や納品にも大きく影響してくる事になります。
最初でつまずけば全てに影響が出てくる事になります。
そうなると全体的な評価も悪くなってくる事になります。
しかしそうかと言ってその生産工程をあまりにも早くしてしまうと、今度は物自体の品質にもかかわってくる事になります。
そうなると例え早く商品が出来上がったとしても、その商品の品質が悪ければ同様に販売不振に陥る事になってきます。
ですのでその辺のバランスが大切になってきます。
このような生産固定の時間を図る事をLEAD TIMEと言っています。
このLEAD TIMEと言うのは、ある物を生産したり、また流通や開発を行う時に、その工程が始まった後の全ての工程が終るのまでの所要期間の事を言います。
このLEAD TIMEは1945年にアメリカで実際に用いられた事もあります。
リードタイムにおける所要期間は、生産から加工までの期間の事ではなく、それ以後の発注や納品までの全ての期間を含む事になります。
この全ての期間を図って判断していく事になります。

時間が大切になります

このようにある物を生産する時にはさまざまな工程を踏んでいく事になります。
ですのでどこかの行程でつまずくと、その後の行程にも大きな影響を及ぼしてくる事になります。
この時にこのLEAD TIMEが威力を発揮してくる事になります。
このリードタイムは企画から発注、そして生産やその後の発注や納品までにかかった時間の事になりますが、普通は時間ではなく日数で表示していきます。
各工程によってその日数も変わってくる事になります。
例えば物流の世界では、出荷から商品の発注までをリードタイムとしている所もあります。
また製造業の世界では発注の後の製造までの期間をリードタイムとしている所もあります。
このリードタイムは毎年短くなってきています。
このリードタイムによって商品全体を評価するケースも多くなっています。
要するにリードタイムが短い程、その品質もいいと判断されるのです。
もちろん全ての事がこのリードタイムで決まるとは言えません。
しかし大きな基準になる事は事実です。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「LEAD TIME(リードタイム)とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ