略式結納とは

略式結納とは

略式結納って何?

結婚は特別なイベントです

結婚式と言うのは人生のなかでもとても大きなイベントではないかと思います。
人によっては人生のなかでは就職の次に大きな出来事になる方もいるでしょう。
結婚をする事によって人生観がまた変わってくる事もあります。
独身の時の気楽さから、今度は家庭を持つ事になってきますのでより責任も出てくる事になります。
それゆえ本人の考えもまた変化してくるのかもしれませんね。
この結婚ですが、通常は結婚式を挙げる前に結納を交わす事になります。
この結納はとても大切に儀式になってきます。要するに結婚を行う約束になります。
ですので両家に取って緊張するイベントの一つではないかと思います。
また正式な結納を行う時は、その後に両家の親睦を深めるために会食などを行う時もあります。
通常の結納をそう言うケースが多いと思います。

簡素化する方も多くなっています

しかしこの結納を行う時に略式結納を行う時もあります。これは結納を簡素化したものになります。
通常の結納においては、仲人が両家の世話を行いその間を取り持つ事になります。
しかしこの略式結納を行う時は仲人を立てないケースも多くなります。
仲人を立てないので正式な結納と比較して当然結納品の品目も減ってくる事があります。
またそのなかには結納金を交わすたけで終わる事もあります。
そして結婚式が終了した後に両家の顔合わせや、簡単な親睦会などを行う事があります。
通常の結納と比べてとても簡素化されてくる事になります。
仲人がいないので結婚式も自分自身であいさつする事になります。
仲人がいないとさまざまな面が簡素化されてくる事になります。
そのため段取りも早くなってくる事があります。
しかしその反面、新郎や新婦が自分自身で行う仕事も多くなってきます。
簡素化されるのはいいのですが、それだけ自分たちの仕事が多くなってくる事もあります。
それゆえその事を十分に承知しておく必要があります。

今後も増えてくると思います

結婚式と言うのは当日たちにしてみたらとても重要なイベントになってきます。
またその準備もいろいろと大変かもしれません。たくさんする事が出てくると思います。
それゆえ簡素化できるところがあればつい省略してしまうケースも多くなっています。
しかしそれでうまくいけば特に問題はないと思います。
そこは当然予算との兼ね合いもある事と思います。
それゆえ簡素化しても特に問題ないとい言う事であれば、それで計画を立ててもいいのではないでしょうか。
その意味でも略式結納を行う方は多くなってくる事でしょう。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「略式結納とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ