フリーキャッシュフローとは

フリーキャッシュフローとは

フリーキャッシュフローって何?

資金の流れも多くなっています

会社では毎日とても多くのお金が動いています。
そのなかには経費の支払いや投資関係、また従業員の給与の支払いなどさまざまなものがあると思います。
このように会社のなかではたくさんのお金が流動している事になります。
このような会社のお金のなかにフリーキャッシュフローというものがあります。
あまり聞きなれない言葉かもしれませんね。
このフリーキャッシュフローと言うのは、会社がいつでも自由に使う事のできるキャッシュの事を言います。
このフリーキャッシュフローは、キャッシュ計算書のなかで最も大切なものになってきます。
これは営業のキャッシュフローと投資のキャッシュフローを合わせたものになります。
そしてこのなかの投資のキャッシュフローと言うのは通常はマイナスになります。
これは会社の利益となるキャッシュより、今後も事業を維持するために必要となってくる投資額を差し引いたものになります。
このフリーキャッシュフローと言うのは要するにいつでも自由に使う事ができる資金があって、これにより預金を増やしたり借入金の返済を行う事ができます。
このフリーキャッシュフローが多くなる程会社の経営状態もいいと言う事になります。
しかしその値がゼロやマイナスになってくると、自由に使用できる資金がなくなってしまいます。
それゆえ今後の会社経営を維持するために、金融機関から資金を借り入れたり、また資産を売却したりして資金調達を図る事になってきます。

とても重要なものになります

このキャッシュフローを多くするためには、営業のキャッシュフローを多くしたり、また投資のキャッシュフローを少なくすればいいのです。
現在の経営を維持するためにはなるべく経費を抑える必要があります。しかしどしても設備投資は必要になってきます。
しかし可能な限り固定資産の購入を調整する事によってこのキャッシュフローを増加させる事も可能になってきます。
それゆえ会社などでは5年平均の見積もりでこのキャッシュフローの値がプラスになる範囲で必要に設備投資を行う事になってきます。
この場合営業のキャッシュフローを超過する事はなくなります。
このキャッシュフローが多くなると会社の業績も良くなってきます。
その結果多額の設備投資を行う事も可能になってきます。
しかし投資のキャッシュフローのマイナス値が増加すると、キャッシュフロー値もマイナスになっていくのでよく注意してください。
このようにキャッシュフローはとても大切なものになってきます。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「フリーキャッシュフローとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ