Webページとは

Webページとは

Webページって何?

■WWWで公開されている文書

Webページは、WWW(World Wide Web)上で公開されている文書のことで、Webサーバ上に配置されています。
通常はWebブラウザを使用して、目的のWebページを表すURLを指定することでWebサーバ上のWebページを参照します。
もともとWebページは、ページ記述言語であるHTMLによって記述された単一のファイルでしたが、現在はHTMLファイルに加え、画像や音声といったさまざまなファイルが複数組み合わされている形が一般的です。

■Webページとハイパーリンク

ハイパーリンクと呼ばれる技術によって、複数のWebページを結びつけることができます。
ハイパーリンの設定されたコンテンツ(テキストや画像など)をクリックすることで、予め設定されている新たなWebページへと表示を切り替えることができます。
ユーザーは、Webページ内に設けてあるハイパーリンクを辿りながら、さまざまなWebページを参照できます。
このように、ハイパーリンクを辿りながらWebページからWebページへと、波に乗るかのようにアクセスすることから、ネットサーフィンと表現されることもあります。

■WebページとWebサイト

Webページと同じ意味で使用される言葉がいくつかありますが、その中の一つがWebサイトです。
多くの場合、同じ意味で使用して支障はありませんが、厳密には異なる意味を持っています。

前に説明したとおり、WebページとはWWWで公開されている文書であり、通常はブラウザで表示する一画面となります。
しかし、情報を整理しユーザーにとって見易いものにするため、情報ごとに掲載するWebページを分けることがあります。
そして、各ページをハイパーリンクで結びつけます。
このように、同一の管理者によって管理されている、ハイパーリンクで結びつけられたWebページの集まりのことをWebサイトと呼びます。

■その他の別名

またWebページと同じ意味として、トップページやホームページという用語も使われますが、これらも本来は異なる意味を持っています。

トップページは、Webサイトを構成する複数のWebページのうち、最初に表示される表紙に相当するWebページのことです。
このトップページには、そのWebサイトを構成しているWebページへのハイパーリンクが、ナビゲーションとして設けられています。

一方ホームページは、Webブラウザを起動した際に初めに表示されるWebページのことを指す用語でした。
また、ブラウザに用意されているホームボタンをクリックすることでも、このホームページを表示できます。
また、SNSが普及するにつれて、別のものをホームページという用語で表す場合も多くなってきています。
SNS中には、各登録者専用の個人ページが準備されますが、この個人ページのことをホームページという名前で呼んでいます。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「Webページとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ