ブランディングとは

ブランディングとは

ブランディングって何?

マーケティング戦略

他社が真似することのできない、もしくは自社だけが提供できるといった企業価値を押し出す戦略。
一昔前では、高級バックや化粧品、宝飾品のブランドという風潮が強いものでしたが、近年では、その商品だけでなく企業自体もブランディングするという傾向にあります。

■ブランディングをする意味

物や情報が溢れる現代では、他社との差別化が大きな鍵となります。
ブランディングは一朝一夕に効果の上がるものではありませんが、それでもブランディングに取り組み成功すれば、大きな増益、優秀な人材確保につながります。

■増益が見込める理由

ブランディングにより、たとえありふれた商品あってもネームバリューや企業イメージといった付加価値がつくことで、その商品は他の同じような商品と差別化されます。
消費者心理としても、全く知らない商品よりも、名前の知られている商品や、メーカーの物の方が信頼感が高いといえます。
また、差別化が進めば、同じような商品の中での希少なものとしての価値が付き、価格を高く設定し増益にもつながります。

■優秀な人材を確保

勤務条件の同じ、同業の企業に就職しようと思った場合、企業イメージの高い方や名前の良く知られる企業をを選ぶ方が多いでしょう。
優秀な人材を確保するためには、企業としてのブランディングは非常に重要で、有効なものでもあります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「ブランディングとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ