付加価値とは

付加価値とは

付加価値って何?

■付け加えられた価値

あるものに、付け加えられた価値や生産の過程で新しく加えられた価値のことをさします。
使われる分野によってその内容は変わります。

■経済学での付加価値

生産額から原材料費や光費などの他に減価償却費を引いたものをいいます。
経済の分野では、生産するという付加価値が付き、原材料の価格より価格が高くなるという捉え方をします。

■工学での付加価値

太陽や風などの自然エネルギーを利用し発電などをした場合、電気の利用者の立場から、自然現象に付加価値がついたと捉えます。
ある方法によって、使用する立場の者により価値のあるものになることを付加価値という言葉で表します。

■日常で使われている付加価値

日常生活で使われる付加価値はもっと幅広い意味で使われます。
あるものに対して特典として付くサービスなども付加価値と表現されます。
また、同じ商品でも元の持ち主や、その商品が辿った経歴に対しても付加価値として価値が高く付く場合もあります。
普段の生活で一般的に使われる付加価値という言葉は、本来の生産活動などにより付加される価値というよりは、「おまけ」や「お得」といったニュアンスが強く使われているようです。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「付加価値とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ