経営コンサルタントとは

経営コンサルタントとは

経営コンサルタントって何?

■経営コンサルタントとは

経営コンサルタントと聞くと、すごくかっこいい職業のように聞こえる方も多いかと思います。
今では世間的にも知名度の高い職業であると思うが、実際にどんなことをしている職業なのかはイメージしにくい。
そこで本記事では、経営コンサルタントの詳細な部分を紹介していく。

経営コンサルタントを説明する前に、まずコンサルティングについて説明していく。
コンサルティングとは、自身のもつ専門知識を活用して、顧客の抱える悩みや問題を解決していく仕事である。
相談役や顧問と言われることも多く、これを踏まえると、経営コンサルタントとは企業の経営について専門知識を用いて、企業の抱える問題点を指摘したり、その解決案を提示したりする。
しかし、企業の人間ではないので、意思決定権はなく、あくまで相談役という立ち位置である。

■経営コンサルタントに必要なもの

先ほど既述したように、経営コンサルタントには専門知識が必要なのである。
では、専門の資格も必要になってくるのだろうか。
答えはNoである。
経営コンサルタントを名乗ったり、コンサルティング業務を行うのに必要な資格はない。
しかし全体的にみると、MBAを所有している人が多い。
MBAは経営学修士と呼ばれ、大学院の課程を修めなければ取得することはできない。
また中小企業診断士という資格を持つ人や、会計士や税理士がコンサルティングを行うこともある。
資格が必要のない職業とはいえ、やはり顧客にとっては資格を持っている人に相談する方が心強いだろう。

しかし、逆に言えば資格を持っていても、顧客の満足を満たすことができるかどうかはわからない。
顧客にとって適切なアドバイスを持っているかどうかは、資格をもあっているかよりも、その人が経験豊富かどうかのほうが大きいのである。
持っている知識をただ伝えるだけでは、本を読んでいるのと同じことになってしまう。
必要な場面で必要とされている情報を提供できることが必要なのである。
逆に言えば、それができれば資格がなくても顧客に信頼されることは容易であろう。

■経営コンサルタントの現状

経営コンサルタントの平均年収は約700万円と言われている。
あくまで平均であるが、上は1000万を超え、低くても500万円はもらっている人が多い。
しかし、実際に経営コンサルタントの仕事をしている人は、1日に12時間以上の業務があったり、睡眠時間は1日に4時間ほどしか取ることができないという人も多い。

実際に経営コンサルタントの募集要項を見てみると、「銀行や証券会社での勤務経験がある人」「日常英会話ができる人」「中小企業診断士の資格を持っている人」などのほかに「肉体的、精神的に体力のある人」と書かれていることもある。
高い年収の裏には、やはり激務な業界であることがうかがえる。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「経営コンサルタントとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ