BNIとは

BNIとは

BNIって何?

■BNIとは

BNIとは、Business Network Internationalの略であり、世界最大の異業種交流会であり、55か国で約16万人の会員がいる。
しかし、これほどまでに規模の大きな組織でありながら、BNIという言葉を聞きなれない方も多いだろう。
それもそのはず、BNIに登録している人のほとんどは紹介からである。
紹介された人がまた別の人を紹介して・・・というようにここまで規模が大きくなっていった。

■BNIの特徴

BNIの最大の特徴は「リファーラル」である。
リファーラルとは、会員同士の紹介であり、メンバーを紹介してもらえるだけでなく、顧客も紹介してもらうことができる。
これはビジネスを広げようとしている人にとっては、非常に大きなことである。
そして、それを実現するのが「チャプター」である。
チャプターとは小規模な組織であり、最低でも20人は存在している。
日本にも数多くのチャプターが存在している。
BNIのメンバーはこのチャプターに所属して、その中で交流会を行う。
1つのチャプターには各分野の専門家は1人しか所属することはできず、一つのチャプターの中に様々な分野の専門家が所属している。
例えば同じ不動産を専門とする人は、同じチャプターに2人以上は所属できない。
しかし、同じ不動産でも住宅不動産と、商業用不動産というように専門が違えば同じチャプターに所属することができる。
チャプターに所属している人は、週1回の会議に必ず出席しなければならない。
これは朝から開催されることが多く、出席するためには、早く起きなければならない。
そして、初年度は年間12万円、それ以降も年間10万円の会費がかかる。
決して冷やかしではなく、本気でビジネスを広げようとしている人だけが所属しているのである。

■BNIのメリット

BNIに登録するメリットは、とにかく異業種の人との交流ができるということである。
自分のビジネスの他分野の専門知識を取り入れていくことで、さらなる発展が期待できる。
また、例えば保険業界の人は同じチャプターに所属する人がそのまま顧客になる可能性もある。
人脈を広げるならば、BNIは最適である。
さらに自分のビジネスを紹介する機会も多いため、プレゼンテーション能力も上がるという効果もある。
しかし、当然デメリットも存在する。
やはり、敷居の高さであろう。
決して安くはない年会費に、必ず出席しなければいけない会議。
これだけでも気軽に登録するのはためらわれる。
また、営業を生業としている人には、所属しているだけでも意義があるが、業界によっては全くうまみがないということもある。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「BNIとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ