プレゼンテーションとは

プレゼンテーションとは

プレゼンテーションって何?

■プレゼンテーションとは

プレゼンテーションとは、自身の作品や研究成果、あるいは自社の開発商品などの情報を聴衆に対して発表することである。
通称の呼び名は「プレゼン」。
社会人の方や大学生の方でプレゼンテーションを経験した人は多いだろう。
そしておそらく初めてのプレゼンテーションでは大いに失敗したという人も多いかもしれない。

■プレゼンテーションの難しさ

皆さんは小学生や中学生のとき、先生の話をちゃんと聞いていただろうか。
印象に残っている話もあるかもしれないが、大半の話を覚えていないと思う。
特に、夏休み前の校長先生の話だったり、少し長めの話になるとほとんどその内容を聞いていなかっただろう。
これは子どもに限らず、大人になっても自分の興味のない話を聞くことは苦痛である。
逆に考えれば、プレゼンテーションにおいて、自分の話を聴衆に聞いてもらうということは難しいのである。
特にプレゼンテーションでは、研究成果であったり、経営戦略など、形のないものを説明しなければならないことも多い。
そのため、資料を使いながら、簡潔かつ分かりやすく説明しなければならない。

場合によっては、自分のプレゼンテーションを見に来たという人もいれば、そうでない人もいるだろう。
そのようなとき、ただ自分が聴衆の前で一方的に話をしているだけではプレゼンテーションは成立しない。
聴衆に興味深く話を聞いてもらってプレゼンテーションが成立するのである。

■聴かせるプレゼンテーション

では聴衆に聞いてもらうためにはどうすればよいのか。
話が退屈だと感じる1番の原因は、話が一方的だからである。
聞いてもらうためには、双方向的なプレゼンテーションを行わなければならない。
プレゼンテーションだからと言って、自分だけが話をするということではなく、聴衆に質問を投げかけてもよい。
自分が話さなければならない、というよりは相手が何を聞きたがっているのか、ということを意識する。

また、あまりの緊張のあまり自分が何を話したかあまり覚えていないという経験がある人も多いだろう。
こればかりは、場数を踏んで経験を積むしかない。
しかし、プレゼンテーションが上手な人は、必ず練習時間をしっかりと取っている。
入念に資料を準備し、プレゼンテーションの構成を考え、そして友人たちに協力してもらったりしながら、練習しているのである。
人前で話すことが最初から得意だという人はほとんどいない。
人前で話すことが得意な人は、その裏に必ず豊富な経験と入念な準備がある。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「プレゼンテーションとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ