債務整理とは

債務整理とは

債務整理って何?

債務を多く抱えると、毎日の生活にも支障が出ます

住宅や車、また電化製品などを購入する時に、借金をする場合もあります。
しかしこれらの借金を行う時は、事前に計画を立てて行います。
ですので、支払いについてもその返済計画に基づいて行います。
しかし、娯楽や生活費として借金をする場合、特に計画する事なしに借りるケースもあります。
事前に計画する事なく借金をすれば、その返済が滞る場合もあります。
またそその債務の数が増えてくると、ますます支払いが困難になります。
その場合、そういう債務を整理して支払いを可能にできます。
これを債務整理と言います。最近この手続きを利用する人が増えています。
またテレビのCMや新聞広告のなかにも、この方法を宣伝する専門家の方たちが多くなりました。
今や債務整理の時代とも言えるのではないでしょうか。

手続きについて

実際に多くの債務を抱えて困窮している方もいるでしょう。
しかしその場合、債務整理を行う事で救われる場合もあります。
ですので、この債務整理を知識としても持っておく事をお勧めします。
この手続きには、任意整理と民事再生、また自己破産のケースがあります。
また支払が終っている人には、払い過ぎた利息を取り戻せる、過払い金返還請求の手続きも存在しています。
これらの手続きを行う事により、支払や取立が収まる事もあります。
これらの手続きを行う時は、まず自分の債務をもう一度見直す必要があります。
債務の種類、また債務の総額を把握してまとめていきます。
そしてそれを元に、専門家に相談すると解決も早くなります。

債務の種類について

まず任意整理ですが、この手続きにより、借金の総額、また毎月の支払額を減額できます。
この方法では、ある特定の借金のみを選択して整理することも能です。
その結果過払い金の存在を発見できる事もあります。
そして民事再生は、現在の借金の支払が困難である事を裁判所から認めてもらいます。
それによって債務が減額され、その借金を3年の間分割で支払いしていく方法です。
この手続きによって、現在の債務が10分の1程度に減額されるケースも出てきます。
そして自己破産です。
この自己破産を行う事で、今まで抱えていた債務の支払いが不要になります。
自己破産にはあまりいいイメージがありませんが、この手続きにより人生の再スタートがきれます。
ですので、債務の支払に困っている時は利用するのもいいと思います。
このように債務整理をする事で、債務が消滅するケースも出てきます。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「債務整理とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ