任意とは

任意とは

任意って何?

毎日使用している言葉について

私たちは毎日さまざまな言葉を使用しています。
この言葉というのは、とても便利です。
この言葉を発することにより、さまざまなことが行えます。
毎日の生活に、とても役立っています。
さてその言葉のなかに、任意というものがあります。
この言葉は思うままに任せること、いう意味になります。
ある行為を行う時に、それを本人の自由意思に任せる、ということです。
このように本人の意思に任せることになるので、命令権者の思っていたようにならない場合も出てきます。
しかし命令権者も、そのようなことを承知のうえで行っています。
ですので、本人の意思による行為でどのようなことが起っても、結果的にはその行為を了承することになります。
しかし仕事上では、そのように事態が起こってしまえば、取り返しのつかない損害が発生してしまいます。
ですので、いくら任意といっても、そこはある程度の条件を付する場合もあります。
この条件は命令権者、また仕事の内容によって異なってきます。
例えば仕事の命令を行う時にいくつかの選択肢を与えて、そのなかから任意に選んでもらいます。
この方法であれば、始めから想定内の範囲内において仕事も行えます。
また本人にしても、安心して仕事が行えます。
とてもやりやすくなってくるのではないでしょうか。

使う場所によって変わってきます

このように言葉というのは、私たちの生活上とても大切なものになります。
ですので、その使い方も問題になってきます。
例えば、法律上の任意という意味もまたいろいろな意味があります。
例えば法律上では、裁判官の令状がない状態のことを言います。
この差裁判官の令状があれば、法律上では強制ということになります。
それゆえ逮捕令状などの令状がある場合を除いて、警察の職務は任意的なものになり、それに従うかは本人の判断になります。
しかしそうかといって、職務質問を放棄していいことにはなりません。
職務質問というのは、警察官職務執行法にその規定が出ています。
この規定によれば、職務質問に対して逃げるような行為を行うと、警察側はその人を挙動不審者とみて正当な職務質問を行えます。
また場合によってはその者を停止させて、実力行使に出ることも可能になります。
このように、法律上ではまたその意味合いが変わってきます。
しかし本来の意味は同じなので、普通通りに接していけば問題ありません。
言葉というのは、私たちにとってとても大切なものになります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「任意とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ