円安とは

円安とは

円安って何?

■円安とは?

円安は他の外国痛快に比べて円の価値が低くなることを言います。
1ドル100円だったのが1ドル120円となった場合、円安ドル高となります。
たまに円安と円高が行動してしまう方もいますが、1ドルに対してどれだけの円が必要かと考えると、円安円高の解釈がしやすく感じられます。

■円安による影響

円安となると日本経済に与える影響はとても高いものとなり、様々なメリット・デメリットが感じられるようになります。
世界的な円の流通量に変化を感じられるようになり、円の価値が低くなると共に投資家からの評価も変化が見られるようになります。
どこで反発し円高となっていくのかを見極める投資家も増えることから、通貨を安く誘導することは経済界に混乱を招くこととも言われています。

■円安のメリット

外国通貨への投資が行いやすい状況となり、外貨預金FXを行う方は設けやすさを感じられるようになります。
また貿易では海外から見て日本の製品が安くなるため、売れ行きが良くなります。
そのため輸出企業にとても有利な状態となります。
デフレへの影響も大きく、通貨価値が下がるためものの値段が上がりやすくなり、デフレ緩和をする際には円安が適しているとされています。

■なぜ円安となるのか

為替相場の仕組みのため、意図的に操るのは難しいように思えますが、様々な要因によって市場操作が行われることもあります。
自然発生的に円安となった際には、同じ期間で反発が起こり円高となっていくこととなりますが、政府政策や経済状況の偏りから円安となった場合には、元の価値に戻るまで長期にわたることも多くあります。
円を多く流通させたり売りを先行することで簡単に価値を下げることができるので、政府や中央銀行の方針では意図的な状態を生み出すこともできます。
ですがあまりにも極端な状況を作ってしまうと世界各国からの批判も受けることも考えられるため、緩やかな政策として行われることが多くなっています。

また法則的な要因も多くあり、以下の状態となると円安が促進されるようになります。
・銀行金利の下落
・ドル金利の上昇
・アメリカの好景気
・株価の上昇
日本はアメリカとの付き合いがとても深いため、経済の状況もアメリカの影響を非常に大きく受けるものとなっています。
そのためアメリカの景気判断は円の価値を判断する上で、とても重要なものとなっています。

各国の政府要人や経済界の中心人物の発言によって円安が進むことも多く、日本だけが原因ではなく世界の多くの方が関わっていることも珍しくはありません。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「円安とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ