Touch IDとは

Touch IDとは

Touch IDって何?

■iPhoneの新しい認証方式

Touch IDは、アップルのiPhoneに搭載されている指紋認証機能の名称で、この機能はiPhone 5sから導入されています。iPhoneのホームボタン(押すとホーム画面に戻るボタン)には指紋認証のためのセンサーが備えてあり、ホームボタンを指で押すだけで、本人であるかどうかを確認してくれます。

■機能をもう少し詳しく

Touch IDで登録できる指紋は5つまでとなっています。使用者がホームボタンにタッチした指の指紋と登録されている指紋とをiPhoneが比較してくれますが、その際指をどの角度から当ててもiPhoneが自動調整をしてくれるため正しく認証を行うことができます。

また、Touch IDを利用している場合でも、以下のタイミングでパスコードの入力を求められます。
・iPhoneを再起動した後
・最後のロック解除から48時間経過した後のロック解除
・Touch IDとパスコードの設定画面を開く際

■Touch IDの利点

従来は、iPhoneの画面ロックの解除には4桁のパスコードが使用されてきました。この方式は、予めiPhoneに任意の4桁の数字の組み合わせをパスコードとして登録しておきます。そして、この登録されたパスコードと入力された数字とを比較し、正しい使用者かどうかを判別しています。しかしこの方法では、iPhoneが確認しているのは「正しい使用者」ではなく、「正しいパスコードを入力できたか」です。そのため、そのiPhoneの正しい所有者でなかったとしても、パスコードさえ合致すればiPhoneのロックは解除できてしまいます。つまり、何等かの原因でパスコードが第3者に漏えいした場合、不正に利用されてしまう可能性が出てきてしまいます。
それに対し、Touch IDではその本人しか持ちえない指紋を利用して認証を行うため、この要な心配がなくなります。
また、単にホームボタンに指で触るだけで認証を行いロックを解除できるため、パスコードを入力するよりも操作自体も楽になります。

尚、このTouch IDでは、人間にわずかに流れている電気を捉えるセンサーを使用しています。そのため、仮にシリコン樹脂のような人間の皮膚に近い素材に指紋をコピーしたとしても、この仕組みを破ることはできません。

■iTunes StoreやApp Storeでも利用可能

iTunes Storeでコンテンツを購入したり、App Storeでのアプリ購入する場合に必要だったApple IDのパスワード入力も、このTouch IDで代用することができます。

■Touch IDでの認証に失敗しやすいケース

次のような場合、Touch IDの認証に失敗してしまうことがあります。

○指が水や汗で濡れている
○ハンドクリームなどを塗っている
○指先が乾燥している
○怪我などによって指先に傷がついている
○ホームボタンが汚れている

■認証の精度を上げるコツ

指先の状態は時とともに次第に変化します。そのため、一度登録しものを使い続けるよりも、定期的に短期間で登録しなおすことで、登録時との差を小さくでき、認証の精度を上げることができます。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「Touch IDとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ