マトンとは

マトンとは

マトンって何?

お肉を頻繁に食する事も多くなっています

私たちが食事をする時、よくお肉をいただく事があります。
焼肉や、すき焼き、またシャブシャブなど、多くのお肉料理があります。
そのなかにマトンもあります。
このマトンというのは、メスまたは去勢されたオスのなかで、永久門歯を2本以上持っている羊の肉の事をいいます、
通常この羊の永久歯は、生後およそ1年程度で2本になります。
ですので、生後1年以上、また2年以上の羊の肉の事を指す場合もあります。
この羊の肉を食べている方も多いのでないでしょうか。

両者のお肉の相違とは

このお肉は、よくラム肉と混同されます。
これら二つのお肉の違いはどのような事でしょうか。
ラムというのは、生後1年未満の仔羊のお肉になります。
このお肉は、マトンと比べると臭みも少なくなっており、また味もさっぱりしています。
しかし香辛料をうまく使用すれば、お肉のにおいはそんなに気にならなくなります。
マトンというのは、生後2年以上~7年程度の成長した羊肉になります。
この羊の肉は、牧草のにおいがします。
またこれらの間である、生後1年以上2年未満の羊の事ホゲットと呼んでいます。
このお肉は、ラム肉よりも味が濃くなってきます。
これらのお肉は、オーストラリア、またニュージーランド地方で流通しています。
しかし輸出の際には呼称は認めていません。
それゆえ、日本への輪出の時はマトンとして流通されています。
しかしこれらの分類は、各国によって違っています。
例えば、腕の関節や下顎の永久歯の数によって選別する事もあります。
またそのなかには、腕の関節の発育の状態で選別しているところもあります。
そしてヨーロッパにおいては、その分類も詳細になっています。
例えば若い順によって、名前が決められているところもあります。
ホットハウスやスプリング、またラムやイヤリングなどです。
このラムというお肉は、とても柔らかくなっています。
またクセがないので、多くの方から人気を得ています。
生産者から見れば飼育期間が短くてすむので、費用があまりかからない子羊で出荷するところも多くなっています。
そして現在は、冷凍技術も向上しています。
ですので、両者ともとてもおいしく味わえるようになってきました。
例えば、ジンギスカンとして食する人も多くなっています。
上質なラムであればクセもないので、いつも食べていれば少し飽きてくるかもしれません。
ですので、ジンギスカンとして食する方法もお勧めします。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「マトンとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ