ピンポン菊とは

ピンポン菊とは

ピンポン菊って何?

日本には多くの花があります

この日本には、多くの花があります。
花が好きな人は、毎日見ている人もいるでしょう。
また部屋中、花だらけになっている人も多いでしょう。
その花のなかに、ピンポン菊があります。
ご存じの方も多いと思います。
現在花の日本一の生産量を誇るのは、渥美半島です。
渥美半島では、輪菊と言われる黄色や白色の大輪の電照菊が有名です。
そして、数年前にヨーロッパ生まれのピンポン菊が、この街で生産され始めました。
生産当初は、白や黄、そしてピンクの三種類程度でした。
しかし現在は、オレンジやグリーン、また茶色や赤色など、20種類以上のピンポン菊が栽培されています。
この街では一年中栽培されていますので、いつでも鑑賞できます。
またそのなかでも、年末にかけて多くの菊が出回っています。
このピンポン菊というのは、その形からその名がついたと思っている人がたくさんいます。
しかし実際は、栽培にそのまま放置していても、満開時の花の大きさがちょうどピンポン玉と同じ程度でしたので、その名が付けられました。

栽培が難しのがネックです

この菊は、夏のような日当たりがよくなると、全体的に奇形が多く発生します。
また葉が痛んできます。
しかしそうかと言って日陰に置くと、今度は曲がりやすくなり、花首が長くなります。
全体的に調整が結構難しいみたいです。
また輪菊よりも病気に弱い花が多く、脇芽の数も多いので手間もかかります。
きれいな花にするためには、一日たりとも放っておけません。
また冬の間は、電照菊と同様に電燈で管理を行います。
冬場の温度が低くなれば、奇形、また発色の低下が多く出てきます。
ですので、夏場と同様その管理が大変になります。
いつも観察しておく必要があります。
菊と聞けば、多くの方がお供え用のお花をイメージするでしょう。
しかしこのかわいいピンポン菊が出てきた事で、その需要も増えてきています。
この菊は、特徴があります。
それは、花びらの一部が欠ける事により、まるで雪崩のように全部が一気に抜け落ちます。
ですので、仏壇へのお供えを敬遠する人もいるみたいです。
しかしそのかわいい姿には、多くの人たちから愛されています。
もともとは菊なので、お祝い事には向いていません。
しかし最近ではそのかわいさから、グリーン色の菊がブライダルブーケに使用される事も多くなっています。
このようにその用途も広がってきています。
ですので、将来的にはその価格も高騰していく可能性があります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「ピンポン菊とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ