5W1Hとは

5W1Hとは

5W1Hって何?

■六何の原則(ろっかのげんそく)

When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何を)、Why(なぜ)、How(どのように)といった、情報伝達をする際、伝達内容に織り込む情報の基本といわれている事項を、その英単語の頭文字をとって
5W1Hといいます。
また、何時(いつ)、何処で(どこで)、何人が(なんびとが)、何を(なにを)、何故(なぜ)、如何して(いかにして)となることから、6つの「何」で構成されているため、六何の原則とも呼ばれています。
5W1Hの派生として、「5W2H」「5W3H」「6W2H」「2W1H」などがあります。
ビジネスシーンで情報伝達の基本としての意味合いで使われることが多い5W1Hですが、英文法においても、何かを尋ねる場合に重要な疑問詞として同じように「When、Where、Who、What、Why、How」を5W1Hといいます。

■5W2H

When(いつ)・Where(どこで)・Who(誰が)・What(何を)・Why(なぜ)・How(どのように)・How much(いくら)

■5W3H

When(いつ)・Where(どこで)・Who(誰が)・Why(なぜ)・What(何を)・How(どのように)・How many(どのくらい)・How much(いくら)

■6W2H

When(いつ)・Where(どこで)・Who(誰が)・Whom(誰に)・Why(なぜ)・What(何を)・How(どのように)・How much(いくら)

■2W1H

Who(誰が)・What(何を)・How(どのように)

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「5W1Hとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ