伝達とは

伝達とは

伝達って何?

行政機関の存在意義とは

私たちは税金の義務を負っています。
一定の所得、また相続などによって財産を取得すると一定率の税金を国や市町村に納める事になります。
そしてそのような税金を納める事によって行政からサービスを受ける事ができます。
この行政のサービスは私たちの生活に直結してきます。
このような行政のサービスがあるので私たちの生活も便利になってくるのではなかと思います。
当然この行政のサービスは地区によって変わってきます。
そこには予算の制約もありますので仕方のない事なのかもしれませんね。

より多くの恩恵を受ける事ができます

さてこのように行政機関と言うのは私たちが生活する上でなくてはならない存在になっています。
そしてこの行政の世界でも毎日さまざまな事が行われています。
日本に存在している行政の種類もとても多くなっています。
例えばこの行政の体表機関として思い浮かぶのが内閣ではないかと思います。
国会は立法機関、そして裁判所は司法機関、また内閣は行政機関としてそれぞれ独立して仕事を行っています。
そこは三権分立の機能が働いています。この三権分立の機能があるのでそれぞれが混乱する事なくその機能を全うする事ができるのです。
そしてこの行政機関のなかにもさまざまな機能を持った機関が存在しています。
例えば上級官庁から下級官庁まで多くの機関が存在している事になります。
そしてこの行政機関の間で指揮命令がいつも行われています。
例えば示達もそれにあたります。この言葉は行政機関で仕事をしていないとあまり聞く事もないかもしれませんね。
この示達と言うのは上級官庁から下級官庁に対して、事務などの注意事項を指示するものになります。
またこの示達と言うのはある計画の承認、また取消や変更の通知も含まれる事になります。
その場合は緊急の指令と言う事で送達される事もあります。
またこの示達と言うのはよく通達と間違われる事もあります。
それぞれ似たような言葉になりますが、通達と言うのは単にその相手に対して物事を知らせる事を言います。
しかし示達のほうは上級官庁から下級官庁に対しての指令になってきますので、その知らせる対象が異なってくるのです。
このように現在はとても多くの行政機関が存在しています。
そしてその行政機関も上級官庁から下級官庁までさまざまな機関が存在しているのです。
またこの行政機関の間では常に指揮命令が行われている事になります。
私たちはこのようにきちんと組織化された行政機関が存在する事によって、より多くの恩恵を受ける事ができるのです。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「伝達とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ