チップソーとは

チップソーとは

チップソーって何?

進化が度合いが著しい

最近は、電化製品もその機能がよくなっています。
私たちは毎日たくさんの電化製品、また機械類を使用しています。
オール電化の家庭も増えています。
ですので、電気が止まると多くのところで影響が出ます。
しかし、現在は太陽光発電など、さらなる進化を遂げていいますので、例え停電になっても心配いりません。
また自家発電で作った電気を、備蓄する事も可能です。
将来的には、この傾向が広まっていくものと思います。
そして、工務店に務めている大工さんなどは、電動のこぎりを使用します。
この時よくチップソー、という言葉を聞く事があります。
これは一体どういうものなのでしょうか。

それぞれに意味があります

まずチップですが、これは先端や、先端につけて被せたもの、金具などです。
何か物を作っている時に、このチップとい言う言葉を聞く機会もあるでしょう。 
そしてソーですが、このソーはのこぎりを意味します。
これらを合わせたものになります。
まず鋼を使って円盤状にして、その外周部分に手鋸の刃を形成します。
そして、刃先の部分に超硬チップをロー付けして、最後に刃先を研磨したもの、これがチップソーです。
このチップソーというのは、切断したり、また溝を作成する時によく使用します。
これを使用して加工されるものは、合成樹脂や木材、また鉄や非鉄金属類です。
しかし、あらゆる物が加工できるわけですありません。
例えば、ガラスや石材、また紙類や布類は加工できません。
また、超硬と言われる事もあります。
この超硬というのは、まずタングステンカーバイト粉末とコバルト粉末を混合します。
そしてその用途によって、炭化チタンや炭化タンタルなどを添加します。
そしてその粉体をプレスで固めていき、最後は1,400℃前後で焼結して焼き固めた合金の事です。
その硬さは、強硬です。
だいたい、ダイヤやサファイヤの中間程度になります。
また重量は、鉄の2倍程度です。
切削工具などにとして使われます。また摩耗にも強くなっています。

今までのチップソーは、主に木材系の加工用として設計されたものが多くなっていました。
それゆえ、非鉄や鉄系の加工物を加工すれば、木材系の加工と比べて数倍以上の発になります。
それゆえ、それがチップの硬度低下につながりました。
最近は、超硬合金の粒子を均一化して、硬度や抗折力などを配合する事により、耐熱性も向上しています。
今後も改良されていき、私たちが利用しやすいものになっていくものと思います。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「チップソーとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ