定款とは

定款とは

定款(ていかん)って何?

株式会社を設立する方も多くなっています

最近はインターネットを利用して、仕事を行う人も多くなりました。
また株式会社を設立する時も、株主1人いれば設立できます。
以前と比べて簡素化されています。1人会社と言う言葉も聞くようになりました。
ネット社会の現在、この1人会社も増えています。
またそれに伴って、株式会社を設立する人も多くなりました。
この株式会社を設立する時、必要となってくる書類のなかに定款があります。
この定款と言うのは、社団法人や財団法人における目的や組織、また構成員や活動、および業務の執行などを定めた基本規則になります。
そしてこの社団法人意外の特殊法人、例えば日本銀行や日本放送協会などの根本規則も含まれてきます。
このように会社を設立する時の、根本原則を規定したものを言います。

専門家に依頼するメリットとは

この定款は自分で作成する事ができます。また専門家に依頼する事も可能です。
しかし専門家に依頼する事で、多くのメリットを受ける事ができます。
まず正確に記載する事ができます。
このような書類は法律事項も多いので、素人が作成すると間違いも多くなります。
また誤った法律の解釈をする事もあります。
最近はネットのサイトにも、さまざまなひな形が紹介されています。
しかしそれはあくまでもひな形です。
この定款には必ず記載する必要がある項目があります。
それはまず商号です。これは会社の名称になります。
しかし商号の中には、この株式会社と言う文字を使用する必要があります。
次に本店の所在地です。
また設立の時の出資額、またその最低額です。これは株数ではなくて、出資財産額になります。
そして発起人の氏名と名称、また住所になります。
この時は、印鑑証明書に記載されている氏名や住所と相違ないようにしてください。
そして発行可能株式総数です。
これらは絶対的記載事項と言って、これらの記載がないと無効になります。
ですので、もれのないように記載する必要があります。
またその他に、任意的記載事項があります。
これらも専門的知識が必要です。
ですので、初めて作成する方は、事前に法律を勉強しておく必要があります。
また普通の紙で作成する方法と、電子で作成する方法があります。
そして電子認証を行う事により、手数料を安くする事ができます。
この電子認証も専門家でないとできません。
このように専門家に依頼する事によって、多くのメリットを受ける事ができます。
この定款と言うのは、会社を設立する時に必ず必要になる書類です。
間違いのないように作成してください。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「定款とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ