意匠とは

意匠とは

意匠(いしょう)って何?

デザイン重視の方も多い

例えば私たちが商品を購入する時、そのデザインなどを参考にする事も多いと思います。
このデザインと言うのは直接目に入ってきますで、その他の要素よりも重要視する方が多くなってくると思います。
また商品を購入する時の最終的な決め手になってくる事もあります。
もちろん商品の機能や価格も重要なものになってきます。
しかしそれ以上にこのデザインと言うのは大きな役割を果たしている事になります。
また男性と比べて女性の方はある商品を購入する時に、価格や機能よりもこのデザインを重視する傾向が強くなってきます。
それゆえ商品を提供する側もこのデザインをとても重要視してくる事になります。
ですのでこのデザインを他人から使われないよう事前に登録しておく必要があります。この登録を意匠登録と言います。
この意匠登録を行う事によって自分の権利を守っていく事になります。
またそれによって他人の権利と区別する事になります。

他人からの模倣を回避できます

このように意匠登録と言うのは、他人から商品のデザインを模倣されるのを回避するための権利になってきます。
商品のデザインが勝手に多くの方たちから模倣されてしまうとその経営にも影響してくる事になります。
ですのでそのような事を事前に回避する必要があります。そのためにこの登録が必要になってくるのです。
そしてこの登録が認められるものとしてはどう言うものがあるのでしょうか。
それは例えば衣服やカバン、また履物や身の回り品、そして家電製品や家具、食器や掃除用具、土木用具などあらゆる物に及んでいます。
また食品や機械の操作画面なども登録する事ができます。
結構多くの物が対象になってきますので驚いている方もいるでしょう。
そしてこの登録と商標登録がよく混同される事もあります。
商標登録と言うのは商品名やその店名、またマークなどの権利を登録する事になります。
一方意匠登録と言うのは、前述のように権利者が商品のデザインを登録する事によって、他人が勝手にそのデザインを使用する事ができなくなります。
それゆえこの点で商標登録とは大きく異なってきます。
私たちは毎日いろいろな商品を購入しています。
その時に商品の利便性や機能、また価格やデザインなどあらゆる事象を見て選択する事になってきす。
そのなかでもやはりデザインと言うのはとても大きな要素になっているのではないかと思います。
価格や機能も大切ですがやはりこのデザインも大きな決め手になってくる事も多いと思います。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「意匠とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ