ハスカップとは

ハスカップとは

ハスカップって何?

ハスカップとは

「ハスカップ」とはスイカズラ科に属する植物で、主に北海道苫小牧(とまこまい)市の勇払原野(ゆうふつげんや)に自生します。シベリア原産で、渡り鳥によって種が運ばれて伝来したと言われています。
初夏に白い花を咲かせた後、青紫色の実をつけます。
この実が食用となり、お菓子、ジャム、果実酒などに加工して利用されています。
「ハスカップ」という名前は、アイヌ語で“枝にたくさんなるもの”を意味する“ハシカプ”に由来します。
和名は“黒実鶯神楽(クロミノウグイスカグラ)”と言いますが、自生地で有名な苫小牧市では、“ゆのみ”という愛称でも呼ばれています。

ハスカップの実

ハスカップの実には、鉄分、カルシウム、ビタミン、アントシアニンなどが豊富に含まれています。
味は酸味が強く、ブルーベリーに似ていますが、アントシアニンの含有量は、ハスカップの方が数倍あるとされています。
アントシアニンには、強い抗酸化作用があります。抗酸化作用には活性酸素を抑える働きがあり、老化防止、血圧抑制、肝機能向上などの効果が期待されます。また、アントシアニンは目に良いとされています。
アイヌの人々は古来から、ハスカップの実を“不老長寿の薬”として珍重してきました。最近でも、その特徴から機能性食品として注目を浴びています。
ハスカップの実は、他の果実と比べると実が柔らかくて潰れやすく、生での保存が極めて難しいことから、ほとんどがジャムやお菓子などの加工品として流通しています。
収穫時期は3週間ほどと短く、実がデリケートなため手作業で摘み取る必要があり、生産量も限られてしまいます。
したがって生食用のハスカップは流通量が少なく、とても貴重です。
ハスカップが“幻の果実”と呼ばれる由縁がここにあります。

ハスカップの利用方法

ハスカップは生食の他、冷凍したものをそのまま食べたり、ヨーグルトに混ぜても美味しく食べられます。
加工する場合は、砂糖などを加えてジャム、シロップ、ジュースなどにしたり、焼酎などに漬けて果実酒にしたりします。
また、塩漬けにしておにぎりの具などにするという食べ方もあり、様々な利用方法があります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「ハスカップとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ