4Kテレビとは

4Kテレビとは

4Kテレビって何?

■ハイビジョンテレビの約4倍の解像度

4Kテレビとは、現在の主流であるハイビジョンテレビよりもより高解像度な表示パネルを備えたテレビを指す言葉です。
ハイビジョンテレビと比較して約4倍の解像度を持っています。

■そもそも解像度って?

一般的なディスプレイで使用されている方式では、ピクセル(画素)と呼ばれる小さな点を縦横に配列し、各ピクセルの発色を制御することで描写しています。
縦横の大きさが一定のディスプレイの中に100ピクセル表示した場合と1000ピクセル表示した場合とでは、後者の方が、1つのピクセルの大きさは小さくなります。
そのため、ピクセルをより多く表示できるディスプレイの方が、より精細な表示になります。
そのため、このピクセルを、ディスプレイの横・縦それぞれにいくつ並べて表示できるのか?を「1920(横)×1080(縦)」のように表記し、そのディスプレイの性能を図る指標として使用しています。

■4KのKは「キロ」

4Kテレビと呼ばれるテレビの持つディスプレイの解像度は3840(横)×2160(縦)です。
このうち、横方向の解像度が3840つまり約4000であることから、1000単位を表す情報単位であるK(キロ)と使用して、「4k」と呼ばれるようになりました。
また、縦方向の解像度も加え、4K2Kと表される場合もあります。
現在、最も普及しているハイビジョンテレビ(ハイHD)の解像度は1920(横)×1080(縦)であるため、合計2,073,600となり、約200万のピクセルで構成されています。
それに対し、4Kテレビでは3840(横)×2160(縦)であるため、8,294,400となり、約800万のピクセルで構成されます。
つまり、ハイビジョンテレビの約4倍のピクセルで映像が描写されます。

■4kテレビでは映像が逆に汚く表示されることも

ディスプレイの解像度は、高ければ高いほど必ず綺麗な映像が描写できるわけではありません。
そのディスプレイに映し出す映像データの解像度が、使用するディスプレイの解像度よりも低かった場合、足りないピクセルを埋めるために映像が引き伸ばされます。
そのため、VHSビデオやDVDのデータなどを表示する場合は、逆に汚く見えてしまう場合があります。
つまり、4Kテレビの性能を生かすためには、より高解像度の映像データが必要となります。

■4Kテレビ用のテレビ放送はまだ始まっていない

日本のテレビ放送では、2018年までにBSを通じて4Kテレビ用の配信を始める計画が総務省より発表されています。
そして、この計画の中では、試験放送は2016年からスタートする予定になっています。
しかしインターネット上では、動画配信サイトやテレビメーカーによる4K用チャンネルを通じて、4Kテレビを前提とした映像コンテンツの配信も始まっている為、4Kテレビの持つ性能を活用することは可能です。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「4Kテレビとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ