プレゼンターとは

プレゼンターとは

プレゼンターって何?

■プレゼンターとは

プレゼンターと聞くとどんな人をイメージするだろうか。
何かプレゼントを配っている人だろうか、それとも別の何かを提供している人だろうか。
プレゼンターは英語ではpresenterといい、症などの贈呈者、提供者のことを言う。
そして、もう一つ意味があり、発表者という意味もある。
プレゼンテーションにおいて、グループを代表して発表する人のことをいう。
プレゼンテーターと呼ばれることもある。
本記事ではこちらの意味に関して説明していく。

■プレゼンターの詳細

プレゼンターとは、プレゼンテーションを発表する人のことを指す。
準備に関わった人たちや資料を作成した人たちのことはプレゼンターとは呼ばず、あくまで発表者のみをプレゼンターという。
プレゼンテーションが成功するかどうかはプレゼンターにかかっているといっても過言ではなく、それゆえにプレゼンターには数多くの能力が求められる。

プレゼンターに必要な能力は、まず人を引き付ける話し方である。
どれほど資料の出来がよくとも、それが聴衆に伝わらなければ意味がない。
言い換えれば聴衆が話を聞いてくれなければ、いくら良い資料を作っても意味がないのである。
では人を引き付ける話し方とはどんな話し方だろうか。

プレゼンテーションが下手な人にありがちなことが、一方的に話をしているということである。
緊張なのかそういうスタイルなのかはわからないが、これでは聞いている人の興味を引き付けることはできない。
プレゼンテーションは一方的ではなく、双方向的でなければならない。
自分が話したいことを話す場ではなく、相手が聞きたいことを話す場である。
であれば、相手が何を聞きたいかを把握する必要がある。
しかし、そのようなことができるのだろうか。

そこでもう一つ必要な能力が、相手の考えをくみ取るということである。
プレゼンテーション中に相手に何が聞きたいかを調査する時間はない。
しかし、ちょっとした問いかけくらいならばできるのである。
こうすることで多少強引になるかもしれないが、相手の興味を少しだけ引くことができる。
あとは相手のリアクションなどから、どんなことを聞きたがっているかを察していく。
言葉にすると難しいかもしれないが、プレゼンテーションがうまい人は無意識でこのようなことができる人である。

■プレゼンターの注意

特に、発表者と資料の作成者が異なっているときに注意してほしいことがある。
それは入念に打ち合わせをしてほしいということである。
発表者は資料の作成を他人に任せがちになるため、発表当日まで資料の内容を知らないということもあり得る。
しかしこのような状態で発表に臨むとどのような事態が起こるかは想像に難くないだろう。
資料と自分の話していることが矛盾していたり、あるいは聴衆の質問に答えられないという事態が起こらないよう、打ち合わせは入念にしなければならない。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「プレゼンターとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ