棚卸しとは

棚卸しとは

棚卸しって何?

■棚卸しとは

棚卸しと聞くどんな作業化イメージがつくだろうか。
コンビニなどでアルバイトの経験がある人は、ご存じであると思うが、そうではない人にとってはなかなかイメージがわかない言葉だろう。
棚卸しとは、各商品の在庫を実際に数えて、書類や帳簿上の数字と照らし合わせて、数字が一致するかどうかを調べる作業である。
簡単な言葉で置き換えると在庫管理となる。
この作業によって、帳簿が正しいかどうかを調べる。
もし数が合わなければ訂正をする。
こうした作業によって正しい当期の売上が把握できるのである。

しかし、単純に在庫を管理するだけであれば、コンピューターで済んでしまう話である。
だが、どれほど技術が発展しても、棚卸しの作業は人の手によって行われなければならないだろう。
棚卸しは、在庫の数を確認しながら不良品などの発見も兼ねている。
不良品を販売することはできないため、在庫として数えることは不適切であるが、コンピューター上では在庫として数えられているからである。
あるいは、小売店ならば、盗難などで在庫の数が帳簿と一致しないこともある。
在庫が一致しない原因はコンピューターで管理できないことが多いのである。

■棚卸しの流れ

棚卸しを実施するには、まず棚卸準備表を作成する。
棚卸しは各商品ごとに行うため、商品の種類の数だけ準備表も用意しなければならない。
そして実際に倉庫などに保管されている在庫を数えていきながら、帳簿上の数と比較していく。
その際に不良品や減耗品は取り除いていき、帳簿は修正する。

流れだけを書くと簡単になるが、実際の作業時間はかなり膨大なものになる。
商品ごとに一つ一つ数えていくため、商品の種類が多いほど作業量も多くなる。
取り扱う商品の種類が2倍になれば、当然作業時間も2倍になる。
また、帳簿の数と実際の数が合わないときは、また数えなおさなければならないし、それでも合わない場合は原因を追究しなければならない。

■棚卸しの目的

このように、棚卸しは非常に時間のかかる作業である。
一般的には丸1日やそれ以上かかる場合がほとんどである。
そのため決算時期はどの会社も忙しくなり、残業が多くなる。
最近では、棚卸しを代行してくれる業者も出てくるくらいである。

しかし、棚卸しを行わなければ、正しい売り上げを把握することができない。
帳簿と実際の数量に差異があれば、原因を追究したうえで帳簿を修正しなければならない。
その時、実際の数が少なければ、損勘定で仕分けを行わなければならない。
原因不明の損が存在しているのに、それを無視するわけにはいかないのである。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「棚卸しとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ