ファクタリングとは

ファクタリングとは

ファクタリングって何?

■概要

ファクタリングとは、他人が保有する売掛債権を買い取り、その債権の回収を行う金融サービスのことです。
クライアントは手数料を支払って売掛債権をファクタリング企業に売却し、ファクタリング企業が債権の回収期日に売掛代金の回収を行います。
手数料はかかりますが、売掛債権を期日前に現金化できるうえ、債権回収を代行してくれるため事務作業の効率化が図れるなどのメリットがあります。
ファクタリングには保証ファクタリングや国際ファクタリングなど、用途に合わせて様々な種類があります。

■ファクタリングのタイプ

ファクタリングの種類は大きく2つに分けられます。
「償還請求権のあるファクタリング」と「償還請求権がないファクタリング」です。
償還請求権のあるファクタリングの場合、万が一債務者が支払い不能に陥った場合にはクライアントがその損失分を負担します。
逆に、償還請求権が無いファクタリングの場合はファクタリング企業が損失を負担します。
ファクタリング企業による信用調査には限界があることが多いことから、一般的には損失分をクライアントが負担する「償還請求権のあるファクタリング」が採用されるケースが多くなっています。

■ファクタリングのメリット

なぜクライアントは手数料を支払ってでも売掛債権をファクタリング企業に売却するのでしょうか。
理由は単純で、効率的に債権を現金化して資金調達ができるからです。
通常、債権は満期が来るまで回収できないので資金化できません。
しかし、ファクタリング企業に売却することで満期より前に債権を資金化することができます。
そのため、効率的に資金調達が出来るのです。銀行借り入れを利用しようとすると担保を要求される場合が多いので、担保などが不要なファクタリングは非常に手頃な資金調達の方法といえます。
また、債権の回収をファクタリング企業に代行してもらえるため、債権の回収業務や管理といった煩雑な手続きを省くことができ、業務の効率化を図ることができます。

■ファクタリングの流れ

ここでは一般的なファクタリングの流れについて説明していきます。
1・クライアントとファクタリング企業との間で債権譲渡契約の締結
2・債権譲渡通知書(承諾書)を売掛先に送付
3・ファクタリング企業がクライアントに売掛債権分の代金(利息や手数料などを差し引いた金額)を期日前に支払う
4・ファクタリング企業が売掛代金を売掛先から期日に回収

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「ファクタリングとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ