Wi-Fi(ワイファイ)とは

Wi-Fi(ワイファイ)とは

Wi-Fi(ワイファイ)って何?

■日常会話の中でのWi-Fi

Wi-Fi(ワイファイと発音)は日常会話の中で良く使用される用語となってきています。
この日常会話の中では「無線LANを使用してインターネット接続すること」という意味合いで使用されることが多くなっています。
ですが、本来Wi-Fiは無線LANとイコールではなく、多少意味合いが異なります。

■本来のWi-Fi

本来Wi-Fiとは、無線LANで使用する機材に与えられたブランド名のことです。

■そもそも無線LANとは

従来、コンピュータ同士をネットワーク接続するためには、コンピュータ間をケーブルで接続し、接続したケーブルの中を電気や光を流すという方式が使用されてきました。
この方式を有線と呼びます。
そして現在ではこの有線に加え、無線と呼ばれる方式によるネットワークが増えてきています。
無線は名前が示す通りケーブルを使用せず、コンピュータ間を電波を利用してネットワーク接続します。
この方式では、コンピュータ間を結ぶケーブルが必要ないため、ケーブルが邪魔になることがなく、また手軽にコンピュータを移動できるというメリットがあります。
このメリットが多くのユーザに指示されることにより、無線を利用したネットワークが急速に増えています。
そして、この無線の方式で作り上げたLAN(小規模なネットワーク)が無線LANです。

■無線LANの問題点とWi-Fi Alliance

無線LANの製品が登場した当初は異なる製品間での通信は保障されておらず、製品を購入したものの正常に通信ができない、ということが度々起きていました。
このことは消費者にリスクを背負わせてしまうことになり、無線LAN製品が消費者に受け入れられない危険性があると、多くの企業は感じていました。
そこで、このような問題を解決するために、関連企業によってWi-Fi Allianceと呼ばれる業界団体が設立されました。

■Wi-Fiロゴは安心の目印

このWi-Fi Allianceは、市場に出回る製品を事前にテストし、正常に相互接続できた商品に対してWi-Fiロゴを目印として付与しました。
つまり、Wi-Fiロゴの付与されている製品は、同じくWi-Fiロゴの付与されている他の製品と正常に接続できることを意味しています。
結果、消費者は無線LAN製品を選ぶ際にWi-Fiロゴが付いているかどうかを目印とすることで、安心して製品を購入することができるようになりました。
一方で、Wi-Fiロゴの無い製品は消費者から敬遠されてしまい購入して貰えないため、現在市場に出回る製品の大半にはWi-Fiロゴが付けられています。
このように、大半の無線LAN製品にFi-Wiロゴが付いている為、無線LANといえばWi-Fi、Wi-Fiといえば無線LANとなり、この二つは同じものであるという認識を持つ人が増えていきました。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「Wi-Fi(ワイファイ)とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ