タブレットとは

タブレットとは

タブレットって何?

■ペンタブレットとタブレット型端末

タブレット(tablet)は錠剤や銘板を意味する英単語ですが、コンピュータ用語としてのタブレットは、ペンタブレットやタブレット型端末を意味します。
もともと、タブレットと言うとペンタブレットのことを指し示すことが多かったのですが、タブレット型端末が普及するにつれてこちらの意味でタブレットという用語が使用されることも多くなってきています。

■ペンタブレット

ペンタブレットは、マウスと同じ入力装置の一つで、板状の装置とペン型の装置とがペアになっています。
ペン型の装置を使用し、板状の装置の上を、あたかも鉛筆を使用するようにペン型の装置の先でなぞることで、ペン先の動きに応じてマウスポインタを操作します。
このペンタブレットを使用することによって、マウスを使用するよりも、実際の鉛筆と紙の使用に近い感覚で、パソコン上で絵や字を書くことができます。
また、多くのペンタブレットでは筆圧検知の機能を備えられていて、手の力加減によって線を濃くしたり薄くしたりといった調整が行えます。
ただし、筆圧検知の機能を利用するためには、使用するアプリケーションも筆圧検知に対応している必要があります。
また、CAD用途ではより大型で高精度なものが使用されることがあり、そのような高精度で大型なペンタブレットのことを別途デジタイザと呼びます。

■タブレット型端末

タブレット型端末とは、板状をしたコンピュータの一種で、タッチパネルをメインに使用して操作を行います。
タブレット型端末は、パソコンに比べてサイズがコンパクトで軽いことから、携帯用の端末として人気を集めています。
近年のコンピュータの高性能化と小型化により、ノート型PCよりも小さいながらもパソコンと同様のアプリケーションを利用できたりと、性能が徐々にパソコンに近づいてきていますが、キーボードやマウスのような入力装置がないため、細かい作業や長文の入力などは、パソコンには及びません。
タブレット型端末は持ち運びを前提として設計されています。
そのため、パソコンでは高い処理能力を持つハードウェアが好まれたのに対し、タブレット型端末で使用されるハードウェアは、処理速度よりも省電力や発の少なさや重量などがより重視される傾向があます。
また、OSに関しても、アップルが開発・提供するiOSやGoogleによって開発されたAndroidなど、パソコン市場では見られないOSが大きなシェアを持っています。
ただし、マイクロソフトもWindows8からタブレット市場を意識して開発されており、今後タブレット端末でもWindowsが普及していく可能性はあります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「タブレットとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ