冬至とは

冬至とは

冬至って何?

■一年で昼が一番短い日

太陽黄径270度となる日で、12月22日のころです。
暦の上では、この日を冬至といいますが、天文学的には太陽黄径270度の瞬間を冬至とし、冬至の起こった日を冬至日といいます。

■ゆず湯

冬至は最も昼の時間が短い日です。
この時期は、日照時間が少なくなるため、作物が育ちにくいなど生活に不安を持ち、邪気を払う文化や、夜が長くなることで、太陽の生まれ変わる日としてお祭りなどを行う国もあります。
日本では、冬至(とうじ)と同じ音である湯治(とうじ)が、温泉に入ったり、温泉を飲むことで病気の療養などの効果があることから、ゆず湯に入るようになったといわれています。
また、ゆずには「融通が利く」という意味も込められています。
冬至に食べられるかぼちゃは、夏が収穫の時期ですが長期保存できる食材でもあります。
かぼちゃは、邪気を払う食べ物ともいわれており、野菜の収穫の少なくなる冬至に食べる習慣があります。

■朔旦冬至

冬至と新月の重なる日です。
旧暦では新月が1日でした。
冬至は太陽の生まれ変わる日で、朔日は月の生まれ変わる日であることから、この2つが重なることは19年に1度です。
このめずらしい日に、朔旦冬至の祝賀が開かれており、奈良時代末期から江戸時代にまで及んだともいわれています。
近年の朔旦冬至は、1995年、2014年です。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「冬至とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ