音程とは

音程とは

音程って何?

音楽の役割について

音楽が好きな方も多いことでしょう。
この音楽というのは、時には私たちを慰めてくれ、また時には励ましてくれます。
また趣味で、音楽を聞いている人も多いことでしょう。
職場や車、また外で音楽が流れていることもあります。
自分が好きな曲であれば、つい口ずさむこともあります。
このように音楽というのは、とてもすてきなものではないでしょうか。
そして歌をうたう時、よく問題になってくるのが音程になります。
この音程というのは、2つの音の高さの隔たりのこと指します。
通常この音の程度は、度を使用して表現します。

音感との関係

音楽の世界では、他に音の程度を表現するものとして、音感というものがあります。
この音感というのは、音に対しての人間の感覚になります。
また、音高の弁別能力のことをいう場合もあります。
この音感のなかには、絶対音感と相対音感があります。
人によっては、この音感がよくない人もいます。
この場合、この音感をよくするにはどうすればいいのでしょうか。
まず音の高低を聞き分けるような、歌のトレーニングが必要になります。
ピアノを弾いて、その音の声を出してみてください。
音感が悪いと、うまくいかない場合があります。
しかし練習すればよくなる場合もありますので、トライしてみるのもいいと思います。
そして自分の音程練習の声をテープなどに録音して、何回も聞いてみてください。
要するに、その音に慣れる必要があります。
ピアノの音に合わせて自分で声を出し、今どのような音階になっているのか注意して聞いてみてください。
ピアノでの歌では音程が合っていると思っても、録音された自分の声が合っていない場合もよくあります。
また音感がよくない時は、自分自信で聴き分けられない場合もあります。
ですので、この場合歌の専門家の指導を受けてください。
また歌の途中で音階が悪くなる場合は、どのように対処すればいいのでしょうか。
普通自分で音痴と思っている人の多くは、音痴でない場合が多くなっています。
ですので、まず一度全ての歌を歌ってみてください。
それで一度、専門家の意見を聞いてみてください。
そのなかには、リズム感が悪くなっている場合が多くなっています。
また 曲のキーが合わない場合や、曲の一部がメロディーに合ってないこともあります。
そして、口の開け方がとても小さくなっているケースも多くなっています。
このように音感と音程というのは、それぞれが大きな役割を持っています。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「音程とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ