筆記用具とは

筆記用具とは

筆記用具って何?

本来の意味について

試験を受ける時、また会社の説明会やその他の会合の時に、筆記用具を持参するように言われるケースがあります。
この場合、何を持っていけばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。
このような用具、また文具というのは、ステーショナリーとも言われます。
そして学生たちが学習する時に、いつも補助的に使っている物は文房具になります。
またこれらステーショナリーは、高級品の物もたくさんあります。
また時代を反映した物も多くなっており、その種類も増えています。
ですので、コレクションをしている人もたくさんいます。
これは日本のみならず、世界国で行われています。
このように筆記用具というのは、現在もその種類は多くなっています。
しかしよく考えてみると、これは何を意味するのでしょうか。
試験や説明会で持参するように言われた時、一体何を持っていけばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。
例えばある会合で筆記用具を持参するように言われた時、説明書に持参すべき物の記載があるのに、それを持ってこない人がいました。
その時はノートやメモ帳、またその他の紙類を持参するように記載されていました。
ペンは持っているのですが、その他の紙類は持っていませんでした。
そこでその理由を尋ねたところ、持ち物の欄にそれらメモ用紙などの記載がなかったから、と言っていました。
用具と、持ち物の欄を一緒にとらえていたのでしょう。
また始めから、ペンだけだという固定観念を持っていたとも考えらます。
いずれにしても、これら用具のとらえかたが難しい事には変わりありません。

通常はペンと紙類です

例えば、普通筆記用具と言われたら、すぐペンを思い浮かべます。
そして次に、メモ用紙などの紙類を連想するものと思います。
もしこれら用具のなかに、紙類が含まれないのであれば、きちんと説明する義務があります。
また新しく説明書を書き直し、再配布の手配が必要になります。
しかし多くの方は、ペンと紙類を連想するのではないでしょうか。
また試験の場合は、消しゴムや時計なども入ってくる事があるでしょう。
しかしその場合は、別に注意書きなどで確認しておく必要があります。
例えば筆記用具持参といわれたら、筆箱を持っていけばいいと思う人もいるでしょう。
実際それ間違ってはいないと思います、
筆箱を持っていき、机の上にはペンを置いておけばいいのです。
このように、人によってとらえかたも変わってきます。
ですので、事前説明が必要になってきます。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「筆記用具とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ