低炭素社会とは

低炭素社会とは

低炭素社会って何?

環境問題について

最近は二酸化炭素の増加により、多くの問題が出てきています。
オゾン層の破壊による温暖化現象、また大気汚染など、私たちの生活にかかわる問題も増えています。
この二酸化炭素の問題については、低炭素社会という言葉をよく聞きます。
この低炭素社会(low-carbon society)といいうのは、要するに二酸化炭素の排出が少ない社会の事を指します。
別名、脱炭素社会とも呼ばれます。
この脱炭素社会というのは、二酸化炭素の排出を削減していく社会になります。
2007年、IPCC(いわゆる気候変動についての政府間パネル)による第4次報告によって報告されました。
それによると、このまま地球温暖化傾向が継続すると、地球環境に対しての影響がとても大きくなっていきます。
それゆえ21世紀の間に実現する、この二酸化炭素の大幅削減の提案が行われました。
この提案のなかで、例えばイギリス政府は2050年までに二酸化炭素の排出を、現在の40%以下にする事を提言しています。
また日本政府もこの報告を受けて対策を講じています。
日本政府は2007年5月に、2050年までに温室効果のガス排出を半減する提案を行っています。
いわゆる「美しい星50」がそれです。
このように、現在は各国の二酸化炭素の排出が年々大きくなっています。
当然このままでは、地球の環境問題にも大きく影響してきます。
それゆえ、早急に対策が求められてきます。
各国が、この脱炭素社会を実現していく事が大切です。

私たちが実践する事とは

この低炭素社会を実現するために、私たちに何ができるのでしょうか。
脱炭素社会においては、市民や産業界、また行政などの社会に生存している多くの人たちが、共同して活動する必要があります。
また私たち一般の市民、また消費者の方たちができることはたくさんあります。
例えば買い物をする時はエコ袋を用意して、余計な包装を使用しないでください。
また再使用品の購入、またレンタル品を使用してください。
そして商品についても、長く使用できるものを選択したり、選択時には環境に対しての負荷を減少させる事が大切です。
このように私たち市民、また消費者も多くの事ができます。
ちょっとした心掛けによって、毎日の生活も変わってきます。
ですので、後は社会に生存している全員が同じ気持ちで活動していく必要があります。
そうする事によって、脱二酸化炭素社会の実現も可能になってきます。
また日本だけでなく、世界各国も同様の対策を講じる必要がありすます。
そうする事によって、効果も倍増してきます。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「低炭素社会とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ