長期優良住宅とは

長期優良住宅とは

長期優良住宅って何?

住宅の重要性について

私たちが毎日お世話になっているのが、住宅です。
この住宅というのは、その価格も高くなっているのでそう何回も購入できるものではありません。
それゆえ、人生で最大の買い物になってきます。
またこの住宅の形態もさまざまになっています。
新築の住宅もあれば、中古のものもあります。
またマンションやアパートのケースもあります。
このように、住宅の形態もさまざまになっています。
そしてこの住宅のなかには、長期優良住宅というものがあります。
これは一戸建て住宅の場合になります。
この優良の住宅については、2009年に長期優良住宅の普及の促進に関する法律が制定されました。
例えば住宅を長期の間使用することにより、住宅の解体や除却による廃棄物の排出を抑制できます。
また長期間同じ住宅に住む事により、環境への負担も軽減できます。
そして建替えによる費用の削減により、全国民の住宅に対しての負担を軽減していきます。
その結果、生活意識も改善されていく事になります。
そしてこの法律では、長期優良住宅の普及を促進するために、さまざまな規定を設けています。
例えば耐震性の問題、また構造躯体などの劣化対策、そして建物の維持管理や更新についてなどの規定があります。
また現在問題になっている高齢者対策や、地球の環境問題に直結する省エネルギー対策、などの配慮を定めています。
この法律の規定に基づき、住宅の建築計画や維持保全計画を所轄の行政庁に申請します。
そしてその計画の認定を受けた住宅は、認定長期優良住宅建築等計画により、建築や維持の保全に努める事になります。

さまざまな条件があります

この優良住宅として認定されるには、次の基準に該当する必要があります。
まず耐震性です。最近は地震も増えていますので、災害でも倒れにくい住宅である必要があります。
そして耐久性能です。これは劣化しにくい住宅である必要があります。
また、 構造や骨組みが頑丈な住宅である事です。要するに長く住める事が大切です。
そして住宅の維持管理や、更新の容易性も求められます。
要するに、メンテナンスが簡単な住宅になります。
さらに住戸面積も必要になります。
これは、人が住むために必要な広さが確保されている事が条件です。
後は省エネルギー性です。
地球環境に優しい住宅が求められています。
このように長期優良住宅として認められるためには、それぞれの条件をクリアする必要があります。
それらの条件を無事クリアできれば、認定されます。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「長期優良住宅とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ