介護認定審査会とは

介護認定審査会とは

介護認定審査会って何?

介護の実情について

ここ最近の高齢化社会の台頭ともに、介護の問題も大きくなっています。
高齢化社会はいい事ですが、同時に介護を受ける人も増えています。
また社会福祉関係の予算も切迫しています。
そのため、私たちが支払う介護保険料も毎年上がっています。
しかしそれによって、良質な介護サービスが受けられれば特に問題はないと思います。
介護を受ける方全員が、平等にサービスが受けられる社会になって欲しいと思います。
さてこの介護に関しては、介護認定審査会というものがあります。
この介護認定審査会というのは、介護の申請をした方を判定する機関です。
そこでは、申請者の介護保険の給付の審査、またその範囲を判定していきます。
この審査会においては、申請者の申請書によって判定していきます。
例えば、基本調査による一次判定結果、また調査する時の忌最事項、そして主治医による見解などを元に総合判断していきます。
また審査会においては、各専門機関の専門家を委員として任命します。
そして実際の審査や判断は、この各分野によって構成された合議体で決済されます。

審査会の構成や役割について

この介護認定審査会の委員は、市町村長が任命する非常勤職員の地方公務員になります。
審査会では、特別職としての身分を有しています。
そして任期は2年で、その後は再任もできます。
これら介護認定審査会の委員には当然守秘義務が課せられています。
ですので、委員に任命された方は注意が必要です。
介護認定審査会における委員構成、また議決の方法は次のようになります。
審査会の長は、委員による互選によって決めます。
また委員の定数は5人を基準として、市町村の条令によって定めた数を採用します。
審査会では、委員の過半数の出席によって、審議や議決が可能になります。
そして議事については、出席委員の過半数をもって決めます。
この場合、可否同数の場合は長が最終的に決議します。
この審査会は、医師や看護師、また保健や福祉経験のある専門家によって、公正な判断が行われます。
この場合、申請者の申請書を元に、公正に審査、判定していきます。
審査会の委員は、非常勤特別職として、市町村が規定した報酬が支払われます。
このように、審査会では公正な判断が行われています。
ですので、介護サービスを受ける方も安心して申請できると思います。
今後もこの介護を受ける方は増えていく事と思います。
この安心システムを、いつまでも継続してもらいたいと思います。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「介護認定審査会とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ