リベラルとは

リベラルとは

リベラルって何?

さまざまな思想主義

この世の中、さまざまな思想主義があります。
そのなかに、リベラル主義があります。
このリベラルというのは、いわゆる自由主義です。
この主義は近代理念の実現を求めるもので、封建制度への回帰のための反動勢力のなか誕生しました。
この概念からすると、日本などの先進諸国の政治思想などは、この自由主義に該当します。
また日本における天皇制は、立憲君主制になります。
しかしこの封建制度を回帰すると、次は自由主義のなかで混乱が起こります。
そして社会主義の政策失墜により、政治論争へと進展していきます。

反抗勢力の台頭

このリベラル理想は、福祉社会のなかで成立しています。
そしてこの自由主義に対しては、三種類の反論が可能です。
まずは自由原理主義です。
これは奴隷制や差別を否定する人権はもちろん、国家の政策の租税や強制徴収を受け入れません。
分配による平等が起こると、自由の本来の意味がなくなります。
そして次は共同体主義です。
この主義では近代理念は当然ですが、平等権や自由権、また人権を強調し過ぎると、民主政治の根源となる伝統や文化が破滅します。
この考えは、保守派主義になります。
次は、新自由主義です。
ここでは、近代理念の実現のためには、現在の政治理念にとらわれないで、最大多数の最大幸福を実現していく事になります。
このような功利主義を、経済学者に多くなっています。
そしてその後、財政拡大により福祉社会の維持が難しくなります。
その結果、これらの主義に対抗できなくなり、リベラリズムが後退していきます。
しかし、代替となる新しい政治思想は出てきませんでした。
というのも、自由主義を批判していた側でも各思想があり、それが完全に対立状態になっていたからです。
この自由主義の反対勢力となるのが、統制主義や共産主義、また社会主義になります。
これらの対立思想が勢いを奮うと、自由主義もまた反論していく事になります。
また右派と左派も出てきました。
積極的に政策を変えようとするのが左派です。
また現在の政策が変わらないようにするのが右派になります。
このように、政策変換する方向が自由なのか、また統制のかで分類されます。
日本においては、まだ保守系統が存在していませんので、分かりにくいと思います。
しかし、今後はどう転換するか誰にも分かりません。
この自由主義と保守主義は相対立するので、どこかで交わる事はありません。
どちらの思想がいいのかは分かりません。
その時代に即した思想になっていくのかもしれませんね。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「リベラルとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ