スルーザグリーンとは

スルーザグリーンとは

スルーザグリーンって何?

ゴルフ人口も増えています

スポーツをしている人も増えています。
健康ブームと相まって、最近はスポーツ人口も増加しています。
朝、夕方のジョギング、また休日のテニスや草野球、またゴルフなど、多くの種類があります。
このなかでゴルフは、自身でスポーツとして行う人もいれば、また接待で行なわれる事もあります。
会社などでは接待のほうが多いかもしれませんね。
どちらにしても、このゴルフ人口は毎年増えています。
またテレビで中継されていますので、ゴルフファンの人であれば毎回見ているでしょう。
そして自分のスィングを録画して、パソコンなどを使って分析します。
また時間があれば、打ちっぱなしなどの施設に行き、毎回励んでいる人もいます。
そこは人それぞれでしょう。
自分に合った方法でするのが一番です。
そして例え接待であっても、ゴルフをするのですから楽しい事には違いありません。
ですので、存分に楽しんでもらいたいですね。

ルールを理解してください

さてこのゴルフですが、ルールもたくさんあります。
特に初心者の方のなかには、ルールを知らない人も多いでしょう。
例えば、そのなかにスルーザグリーンというルールがあります。
このスルーザグリーンというのは、コース上に存在している、ティーグラウンドよりグリーンまでの間の名称を意味します。
そして、そこからハザードのバンカー、またウォーターハザードなどを除いたエリアになます。
このスルーザグリーンは、ルールのペナルティを示す時によく使われます。
例えば通常のエリア内では、特に理由もなくボールに触れればペナルティを取られる場合もあります。
その時、その対象の場所を示す時に表示されます。

罰則は特にありません

また、スルーザグリーン上にある球は、特に罰則なく拭く事もできます。
しかし球を拾い上げる前に、プレーヤーはその位置をマーキングする必要があります。
そして球を拾い上げた後で、プレーヤーは球を元の位置から、6インチの範囲内において、ハザード内、グリーン上以外の場所にプレースします。
このように、プレーヤーは自分の球を一回だけプレースできます。
そして球がプレースされた時点で、その球はインプレーになります。
自分がプレースした球が、プレースした場所に止まった後動いても特に罰則はありません。
その球はそのままプレイに使用されます。
このように、ゴルフ一つ取ってもさまざまなルールがあります。
それゆえ、プレイする時はルールをよく理解する必要があります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「スルーザグリーンとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ