シーマンシップとは

シーマンシップとは

シーマンシップって何?

海上での仕事について

漁師など、海で仕事をする人も多くなっています。
この海の仕事について、よくシーマンシップという言葉を聞く事があります。
このシーマンシップというのは、通常船乗りに必要とされる資質、また心掛けになります。
最近は、この海の仕事の種類も多くなっています。
例えば、海での行動が主となっている海上自衛官も同様です。
この資質が必要になります。
海上自衛隊について見てみると、海事に対しての技能や知識、また艦艇で仕事ができる資質などの教育になります。
そこでは、その資質が基礎的な物として重要視されています。
現在では海上自衛隊の新入隊員教育で、多くの教育が行なわれています。
海上自衛官で行なわれ教育は、このシーマンシップが基礎になっています。
また海上自衛隊以外の職業にも必要になります。
ですので、海で仕事をする時は、その資質や心掛けを忘れないでください。

資質を見につける必要があります

このシーマンシップですが、現在では以下の二つの意味として使用されています。
まず船乗りしての技能になります。
船乗りに航海を成功させるために必要となる、航海術や運用術、そしてその他の基本的技能になります。
次は前述の船乗りとして資質です。
海上生活の適応できる順応性や心構え、また精神的部分に対しての適応性が求められてきます。
このシーマンシップが必要となるのは、次の理由によります。
仕事が海上であること、また不確定要素が多い事です。
そして外的条件の厳しさや、その生活が制約されています。
ですので、海上生活ではどうしてもチームワークが必要になります。
お互いが協力して、支援をしていく事になります。
また国際性にも関係してきます。
特に海上自衛隊は、国家の代表となります。
外国に赴いた時、各人一人が国家の代表とみなされます。
ですので、それなりの資質を兼ね備えておく必要があります。
また外国とかかわりを持つ事が多くなります。
ですので、広い視野が必要になります。
また諸各国の習慣などにも、よく精通している必要があります。
後はシーマンとして求められる資質の内容です。
まず先見性です。
どのような環境条件の元でも適切な判断が必要になります。
そして確実性です。
海上作業では、作業のやり直しができませんので、確実性が必要になります。
後は、迅速性と節度、また質実剛健さと、冒険心になります。
最終的にこれらの資質を見に付ける必要があります。
そうする事で、海上での仕事も可能になります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「シーマンシップとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ