ブリスター包装とは

ブリスター包装とは

ブリスター包装って何?

その特徴について

ブリスター包装をご存じでしょうか。
一度は聞いた事がある人も多いでしょう。
このプリスターの意味ですが、もともと水ぶくれや気泡などの意味を持っています。
例えば飛行機などに存在するシェル,これも同類になります。
このプリスター包装と言うのは、まず塩化ビニールやPETと言われる透明のフィルムにを与えます。
するとその後そのフィルムは、真空成形のドーム型に変形します。
この変形した容器を使用して包装を行う事になります。
病院でもらうカプセル状の薬、またドラッグストアなどでもよく見かけます。
これは要するに、透明の樹脂成形容器を使用したものになります。
このプリスター包装は、片面が結構堅い材質である厚紙が台紙となっています。
そしてそこに商品名が記載されます。
その後板状のプラスチックをドーム型に成型し、その台紙に接着する事になります。

メリットについて

このブリスター包装の大きなメリットは、そこに入っている商品の中身が分かる事です。
このブリスターには、さまざまな包装があります。
例えばピロー包装やカートン包装,また上包包装など,多くの種類があります。
カートンは箱、ピローは袋詰めです。おなじみになっています。
これらの包装は、全てその中身が分かります。ですので、確認もしやすくなります。
また購入する側にも便利になります。そしてその他にもあります。
それは、包装を行う時の設備投資が不要になる事です。
またさまざまな形状をした商品に対応する事ができます。
そして圧着加工を行う事により、商品の盗難、また改ざんを回避できます。
このブリスター包装は、パッケージの上部分に穴を開けて吊り下げる事もできます。
また下部に台客を付け、独立させる事もできます。
これらの特徴を大いに利用できます。
例えば専門店舗で陳列を行う時、その場所を取りません。

今後も期待されます

このようにブリスター包装には多くのメリットがあります。
またそのメリットを最大限活用できます。
そしてそのなかで、特に便利なものがスライドブリスターです。
このスライドブリスターは、スーパーやホームセンターの陳列棚で見かけます。
よくぶら下がりの状態で陳列されています。
またその他のお店でも見かける事があります。
ドラッグストアやオモチャ売り場でも、簡単に見つけることができます.
このスライドブリスターは、その名前のように3方向、また4方向で曲げられています。
ですので、とても便利になります。
このブリスター包装は今後も多くのところで利用されていく事でしょう。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「ブリスター包装とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ