4次元球とは

4次元球とは

4次元球って何?

次元あれこれ

次元についよく議論される事があります。
例えば二次元や三次元などはよく対比される事があると思います。
2次元と言うのはアニメの世界になってきます。またそのなかには3Dを含む事もあります。
この2次元に出てくるアニメに恋をする方もいるようです。
アニメお宅の方のなかにそのような方が多くなっています。
そして私たちが住んでいる現在が三次元になってきます。
この3次元よりも2次元の世界に憧れる方も多いのではないかと思います。
そしてこれ以外にも4次元の世界があります。この4次元ではよく4次元球の事が話題になる事もあります。
この4次元球と言うのはどういう世界の事を言うのでしょうか。その前に3次元球を見てみたいと思います。
この3次元球と言うのは、2次元球面の特徴を持ったものが、さらに一つその次元を加えたものになります。
3次元球を描く時は、2次元球から次元を1つ上げて、4次元の空間の中にある原点より等距離の位置にある点の集合を描く事になります。
この場合x、y、zと言う3次元にプラスして、さらに4つ目のwを座標軸に加える事になります。
そしてその点の集合が3次元球になります。
このw軸の世界をなかなか想像できない方も多いかもしれませんね。
現実の世界の空間は3次元しか存在していませんので、この4次元の世界を想像するには少し無理があるかもしれません。
このw軸には私たちの生活にもなじみがある時間がくる事になります。
この時間が4つ目の座標になってくるのです。

4次元の世界について

このように4次元の世界には、その空間の次元が4つ存在する事になります。
そしてその4つの次元を持った世界を4次元球と呼んでいます。
ここで言及している空間は理論的な空間になってきます。要するに数学的な意味をなしてきます。
この時間を加えた4次元球の世界のほうがいろいろと都合がよくなる事もあります。
この4次元時空の理論を考えた有名な人が、相対性理論のアルバート・アインシュタインになります。
この相対性理論はいろいろと難しい面も多くなっています。なかなか理解できない方もいると思います。
この時の4つ目の方向となる時間が存在していても、そちらに自由に移動する方法は現在ありません。
時間軸を自由に動けるものとして思い付くのがタイムマシーンになります。
しかしこのタイムマシーンは存在していません。将来どうなるかは分かりませんが。
このように三次元球に時間軸を加えた世界が4次元球になってきます。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「4次元球とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ