スポーツチャンバラとは

スポーツチャンバラとは

スポーツチャンバラって何?

昔から行われていました

チャンバラと言うのは日本でもよく行なわれているのでご存じの方も多いと思います。
このチャンバラは遊びとしてよく行われていました。
チャンバラごっこと称してよく遊んだ事がある方も多いとおもいます。
それがスポーツとしても行われるようになってきました。
このスポーツチャンバラは、1969年に田邊哲人に氏によって始められたスポーツになります。
日本で遊戯として存在していていたチャンバラと小太刀護身道を合わせて行われるようになりました。
そして勝負をする時はエアーソフト剣と、アクリル製の面を付けて戦う事になります。
スポーツですのでそこは安全性が第一に考えられています。この協議はよくスポチャンと呼ばれる事もあります。

安全性が確保されています

このスポーツチャンバラと言うのは、昔よく行なわれていたチャンバラごっこがその基本になっています。
しかしスポーツとして行うので常に安全性の確保に重点を置いています。
競技がしやすくまた安全な用具を開発する事によって、その安全性と公平性をアピールしています。
昔よく行なわれていたチャンバラごっこがスポーツとして蘇る事になりました。
このスポーツチャンバラに使用いる用具は、エアーソフト剣と呼ばれる柔らかいものになっています。
またその中には空気が入っていますので安全です。
この用具が開発された事によって、世界中の方たち安全に競技を行う事ができるようになりました。
またその安全性が保障されているので、参加する選手も年々多くなってきています。
このスポーツチャンバラにはいろいろな手法があります。
勝負の時に1対1で行う時は対戦になり、1対2や1対3などのような対等でない時を乱戦と言います。
そして大きな会場を使用して大勢の集団で決戦する時は合戦と呼びます。
競技のなかには車椅子で参加している方もたくさんいます。

今後も増えていくものと思います

日本のみならず世界各国の方たちが集って行われる事になります。
ですので試合もとても盛り上がる事が多くなってきます。
また各地で障害者大会もよく実施されています。
この障害者大会は各自のハビリー、また一般選手たちとのコミュニケーションの場としても機能しています。
このスポチャンを通じて多くの方たちと交流を取る事が可能になってきます。
お互いのフェアープレイを尊重し合って、人間として成長する方も多くなっています。
世界の方たちと仲間になる事ができます。とてもすてきなスポーツではないかと思います。
今後もこのスポチャンを行う方が増えてくるのではないでしょうか。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「スポーツチャンバラとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ