オートダイリューターとは

オートダイリューターとは

オートダイリューターって何?

各種の分析が自動化されてきています

水質分析や湿式分析を行っているところもあると思います。
このような分析を行う事によって私たちも安心して生活する事ができます。
水質分析は私たちが毎日使用している飲料水にも大きく影響してきます。
また湿式分析と言うのは、未知の物質の化学組成、また化学構造を調査するために物質の溶液に溶かして調べる事になります。
これも間接的ではありますが、私たちに関係してくる事になります。
以前はこれらの分析を手動で行っているところもたくさんありました。
しかし最近はこれらの分析を自動で行う会社も増えてきているようです。
これら水質検査や湿式分析を自動で行ってくれる機械が登場しました。
それがオートダイリューターになります。
このオートダイリューターを使用する事によって、各種の分析を自動化する事が可能になってきました。
それによって分析時間も短縮する事ができるようになりました。
分析時間が早まるとその他の作業も早まってくる事になります。

今後の展開に注目されます

このオートダイリューターを使う事によって、今までとても面倒であったホールピペットなどの試料の希釈を自動的に行う事ができるようになりました。
通常は分析するオートダイリューターを利用する事によって、そのオペレータ事の希釈誤差も抑える事が可能になりました。
そして減圧ポンプの減圧動作によって、試料を計量ループに吸引する事ができます。
また切り替えバルブや希釈ポンプによって、事前に設定されていた希釈液や試料を一緒に受容器に出す事も可能になってきました。
この希釈ポンプについては最大でおよそ5ml程度吐出する事が可能になっています。
そして計量ノズルや計量ループを取り換える事で、サンプリングの量を自由に変更する事も可能です。
計量方式はループ計量やノズル管計量方式になります。
また希釈液量によって設定する事ができます。最大希釈量については0.2~5mlの範囲になります。
そして希釈量設定の単位は0.1mlです。希釈量の分析制度の誤差は±1%以下に抑えられています。
このように全てをオート化できるようになりました。
このようにオートダイリューターを使用する事によって水質自動分析や湿式分析を自動化する事が可能になります。
今まで手動で行った分析をこの機械を使用する事によって自動化する事が可能になってきます。
今後もこのような便利な機械は増えてくるものと思います。
またその結果各種の分析時間も早くなってくる事になります。
今後の情勢に注目してみたいと思います。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「オートダイリューターとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ