UPEとは

UPEとは

UPEって何?

よく聞く言葉です

私たちがよく聞く言葉のなかにポリエチレンと言うものがあります。
ご存じの方も多いと思います。
このポリエチレンと言うのはエチレンが重合する事によって得る事ができる合成樹脂の事を言います。
このポエチレンは結構安い価格で製造する事ができますので多くのところで利用されています。
また大量生産が可能になっています。
現在は石油化学工業において中心的な製品になっています、
このポリエチレンはその触媒によって、高圧法や中圧法,また低圧法などの製法によって製造されています。
そしてそれぞれ性質が異なってきます。
このポリエチレンの化学式はUPEになります。このUPEはU-PE記載される事もあります。
このポリエチレン(UPE)の分子製造時間が長くなればその分子量も100~700万と高くなってきます。
このポリエチレンには次のような特徴があります。
まず耐衝撃性です。これはプラスチックの中でも最高の値になってきます。
ポリカーボネートをも上回っています。とても高い耐衝撃性を持っています。
そして耐摩耗性や自己潤滑性にも優れています。
これはポリアセタールやフッ素樹脂、そしてPA66ナイロンよりも優れています。
この耐摩耗性や自己潤滑性が優れているので多くのところで利用されています。
そして 耐薬品性も持っています。その結果食品衛生安全樹脂としてとても使用されています。
また無害なので食品に直接触れても特に問題はありません。そしてとても軽いので便利です。

その特徴について

このようにポリエチレンはさまざまな特徴を持っています。
そしてこのポエチレンは、超高分子量ポリエチレンと高密度ポリエチレンとの区別がつきにくい事もあります。
この区別で悩む方も多いかもしれません。
高密度ポリエチレンはHDPEと表示されます。一方超高分子量ポリエチレンは、UHMWやUPEで表示されます。
それぞれ外見は白くなっているので区別しにくくなっています。
それゆえその質量で区別するのがいいと思います。
高密度ポリエチレンの比重がだいたい0.95~0.96になります。
また超高分子量ポリエチレンでは0.94程度になります。
この比重の差によって判別する事が可能になってきます。
このポリエチレンは種類もとても多くなっています。
ですのでポリエチレン同士が混ざるとなかなか判別も難しくなってきます。
その場合は比重などによって判別する方法もあります。
このポリエチレンは私たちの生活にも密着したものになってきます。
ですので機会があったらその性質について学んでみるのもいいと思います。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「UPEとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ