バッテリー劣化原因とは

バッテリー劣化原因とは

バッテリー劣化原因って何?

バッテリー劣化原因とは

バッテリーの劣化原因は主に スマートフォンを使っているとよく悩まされるのが電池切れである。
購入したばかりのころは、バッテリーの持ちが良いなと思うことはあるが、1年もしないうちにすぐに充電が切れてしまうということは、体感している人は多いだろう。
ではなぜバッテリーは劣化するのか。

主にバッテリーが劣化する原因は3つある。
携帯電話のバッテリーにはリチウムイオン電池が使われていて、当然他の電化製品のように使っているうちに劣化していることもあるが、主な劣化原因はその使い方にあるようだ。
使い方によってはバッテリーの寿命を長くできるかもしれない。

バッテリー劣化の3つの原因

1、電極自体が劣化

まず1つ目の原因としては、電極自体が劣化しているという原因がある。
リチウムイオン電池には負荷材料として炭素が使用されている。
この炭素の分子構造が変化してしまうと、炭素内に収容できるリチウムイオンの量も減少してしまう。
電池にが加えられることによって分子構造の変化が加速してしまう。
そして、変なところに置いておかない限りは日常生活の中で最も熱が加えられてしまうのは充電中である。
とりわけ充電しながらの操作は、非常に熱が大きくなってしまうため、バッテリーには大きな負担となってしまう。

2、バッテリーパックに内蔵されている調整用コンピューター

リチウムイオンバッテリーは充電時の電流・電圧を細かくコントロールする必要がある。
そのため過充電、過放電を防止するための調整用のコンピューターがバッテリーパックに内蔵されている。
しかし充電・放電を繰り返しているうちにコンピューターの制度に狂いが生じ、まだ充電できるのに充電が止まってしまう、という現象が起きてしまう。
何度も何度も充電を繰り返すと起こってしまう現象である。
普通に使用していても起こってしまう現象であるが、工夫をして充電回数を減らすことができれば、ある程度抑えることもできる。

3、バッテリーパック内のセルバランスの崩壊

携帯電話のような小さなバッテリーにはセルが1つしかないが、パソコンのように大容量になるとセルがいくつもある。
1つ1つのセルがリチウムイオンを収容でき、すべてのセルが充電完了すれば充電が完了になる。
しかし、何度も充電しているうちにこのセルバランスが崩れると1つのセルが満タンになった時点で充電完了となる。
当然ほかのセルは充電が完了していないため、今までよりも電池が無くなるのが早くなってしまう。
スマートフォンよりも、ノートパソコンなどの大き目の製品ではこの現象が良く発生している。

このようにバッテリーの劣化原因は、「充電の回数」がキーワードである。
携帯電話のバッテリーを長持ちさせるには、充電の回数を少なくする、充電の最中には使わないという2つの方法が最も効果的である。
大事に使っていけば携帯電話も長持ちしてくれるのだろう。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「バッテリー劣化原因とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ