半自動溶接とは

半自動溶接とは

半自動溶接って何?

溶接方法の進化について

現在溶接の仕事に携わっている方もいると思います。
この溶接と言うのは、部材の接合部分に圧力やを加えてそれを一つの部材にする接合方法になります。
この時必要に応じて溶加材を加える事もあります。この溶接は現在も行われている代表的な接合方法になってきます。
またこの溶接はいろいろな方法がありますが、最近は半自動溶接がよく行われるようになってきました。
この半自動溶接と言うのは炭酸ガスを使用した溶接になります。Co2溶接と言われる事もあります。
アメリカではこの半自動溶接がよく行なわれるようになっています。
この溶接は、溶接を行う条件によって不活性ガスを使用する事になります。
この溶接は半自動と言う名前であるので、当然自動的に行われる溶接になってきます。
そしてその自動部分ですが、溶接ワイヤの送給が自動的に行われる事になってきます。
他の溶接方法であるTIG溶接では、溶接部に溶接棒を溶かし入れる必要が出てくる事があります。
しかし半自動的の溶接方法であれば、溶接機がワイヤを送給してくれますのでとても便利になってきます。
またTIG溶接と比べてその作業時間も短縮されてきます。
しかしこの半自動溶接は、溶接部の近辺にスパッタと言う溶接金属が付着する事があります。
ですのでこのスバッタが付着するとそれを取り除く必要が出てきます。その分時間と手間がかかってしまいます。
またこの半自動の溶接手法は、重要となる溶接部分を施す時は専門性が必要になってきます。
それゆえある程度慣れていないと溶接部分に内に穴があく事もあります。
この溶接方法はかなりの専門性が求められる事になります。

今後の進化に期待できそうです

以前の溶接は前述のように溶接部材として、長さが40cm程度の溶接棒を使用して手動で溶接を行っていました。
しかし手動になると溶接棒をいつも交換する手間も出てきます。
それゆえ時間のロスが生じる事もあり、溶接の個数も限定されていました。
ですので仕事自体の効率も悪くなっていました。
しかしこの半自動溶接が出てくると作業の効率もよくなってきました。
この方法はまさに時代が求めていた溶接方法だったのです。
溶接材としての長いワイヤを使う事によって作業ができるようになりました。
それにより溶接棒も必要なくなりました。
この溶接棒の交換は時間のロスになっていましたので、その分を作業に回す事が可能になってきました。
今後もこの半自動の溶接方法は改良を重ねて進化していくものと思います。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「半自動溶接とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ